氷見市不妊治療費助成事業

更新日:2020年03月27日

氷見市の不妊治療費助成事業制度

氷見市では、不妊治療を受けているご夫婦の経済的、精神的負担の軽減を図るため治療費の一部を助成しています。

対象者

以下の条件を全て満たしているご夫婦

  1. 富山県が指定している指定医療機関で特定不妊治療を受けている
  2. 体外受精、顕微授精以外に妊娠が望めないと主治医が判断している
  3. 法律上の夫婦の妊娠を目的とし、配偶者以外からの精子又は卵子の提供を受けないこと
  4. 夫婦の両方またはいずれか一方が氷見市に住所に住所を有すること
  5. 対象者及び同一世帯全員が市税を滞納していないこと
  6. 富山県の特定不妊治療費助成の決定を受けていること

助成内容

 体外受精又は、顕微授精に要した費用から富山県不妊治療費助成事業で助成された額を減じた額で、1年度あたり50万円を上限として助成します。
(年度とは、毎年4月から翌年の3月までの期間をいいます)

申請期間

治療が終了した日が属する年度の末日(4月1日から翌年3月31日)

  • 1回の治療が上記期間に終了した場合に対象となります。治療途中のものは対象になりません。
  • 治療が終了されましたら、お早めに申請の手続きをお願いします。
  • 医療機関の受診証明や県の決定通知が間に合わないなど、やむを得ない事情により期限内に申請できない場合は、健康課までご相談ください。

申請方法

治療費は医療機関の窓口で全額を一旦支払ってください。
氷見市不妊治療費助成金交付申請書に必要書類を添付し、健康課(いきいき元気館内)に提出してください。内容を審査の上、助成額を決定し、交付決定通知書を送付します。その後、申請された方の金融機関に助成金を振り込みます。

必要書類

  • 氷見市不妊治療費助成金交付申請書
  • 富山県特定不妊治療費助成事業受診証明書の写し (注意)富山県へ申請する前にコピーをお取りください。
  • 特定不妊治療(体外受精、顕微授精)に要した費用の領収書及び診療明細書(原本)
  • 富山県不妊治療費助成承認決定通知書の写し
  • 戸籍謄本(夫婦別世帯の場合に必要になります)

(注意)2018年度からは富山県特定不妊治療費助成承認決定通知書の写しの添付が必須となります。

添付ファイル

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康課

郵便番号:935-0011
富山県氷見市中央町12番21号
電話番号:0766-74-8062 ファックス番号:0766-74-8257
メールでのお問い合わせはこちら