インフルエンザの予防はできていますか?

更新日:2020年03月27日

インフルエンザとはどんな病気?

 インフルエンザウイルスに感染しておこる病気です。かぜよりも感染力が強く、特にこどもや高齢者、妊婦や持病がある人は重症化しやすいので早めの予防対策が必要です。

どんな症状が出るの?

主な症状

  • 38℃以上の発熱や悪寒、頭痛
  • 咳、のどの痛み、鼻汁などの症状
  • 関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状

どのようにして人にうつるの?

飛沫感染…感染者のくしゃみや咳の飛沫を、口や鼻から吸い込むことで感染します。
飛沫は2メートルくらいまで飛んできます。

接触感染…感染者の触れたドアノブやスイッチなどに触れ、その手で自身の目や口を触ることで粘膜から侵入して感染します。

どのように予防すればいいの?

インフルエンザの予防対策を表した図

インフルエンザにかかったかな?と思ったら…

  • 早めに医療機関に受診しましょう
  • 外出は控え、安静にしましょう
  • 人にうつさないために、マスクをつけましょう

地図

富山県氷見市中央町12-21

この記事に関するお問い合わせ先

健康課

郵便番号:935-0011
富山県氷見市中央町12番21号
電話番号:0766-74-8062 ファックス番号:0766-72-8257
メールでのお問い合わせはこちら