金沢医科大学氷見市民病院 更なる公立病院改革プランについて

更新日:2021年03月31日

金沢医科大学氷見市民病院 更なる公立病院改革プラン

我が国では、人口減少や少子高齢化の進展などにより人口構造や社会システム等が大きく変化し、医療環境においては増大する医療費や変化する医療需要、医療資源の遍在などの課題に対して対応が求められています。そのため、今後それらの課題に対する国の政策による影響も含め、地域医療を取り巻く環境がより一層厳しくなることが見込まれています。

そのような中において、金沢医科大学氷見市民病院が必要な医療提供体制の確保を図り、収支均衡の安定した運営のもとで、救急医療やへき地医療等を提供する重要な役割を担っていくことは、本市において必要不可欠であることから、市民の命と健康を守るむ本市の中核病院としての持続性を確保するため、市と指定管理者である金沢医科大学が協力して、令和3年度から令和7年度までの「金沢医科大学氷見市民病院更なる公立病院改革プラン」を策定しました。

  市と金沢医科大学が連携して、このプランを着実に実施し、改革に取り組んでまいります。

添付ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

病院事業管理室

郵便番号:935-8686
富山県氷見市鞍川1060番地
電話番号:0766-74-8126 ファックス番号:0766-74-8104
メールでのお問い合わせはこちら