新生児等聴覚検査費用助成事業

更新日:2022年06月24日

赤ちゃん1,000人のうち、1~2人は耳のきこえが悪いと言われています。新生児等聴覚検査を受けることで聴覚障害を早く見つけ、早期に適切な支援を開始することで、言葉の発達などへの影響が最小限に抑えられることが報告されています。

氷見市では、令和3年4月より「新生児等聴覚検査」の費用の一部を助成しています。

新生児聴覚検査とは

生まれてすぐの赤ちゃんに聴覚障害がないかを調べる検査です。赤ちゃんが眠っている間に数分で行うことができ、痛みもありません。

助成対象者

下記の(1)と(2)の両方に該当する方

(1)令和3年4月1日以降生まれたお子様

(2)検査を受ける日に氷見市に住民票のある方のお子さま

助成金額

出生後初めて受ける初回検査が対象です。

上限5,000円

助成の流れ

検査を受ける医療機関によって助成の流れが異なります。

医療機関の詳細については、こちら(PDFファイル:96.4KB)をご覧ください。

<氷見市から委託している県内医療機関の場合>

1.妊娠届出時に「氷見市新生児等聴覚検査受診票」をお渡しします。

2.検査を受ける前に「氷見市新生児等聴覚検査受診票」を医療機関へお渡しください。

3.新生児等聴覚検査の初回検査費用が5,000円を超過する分は保護者でご負担願います。

<県外医療機関または県内の一部医療機関の場合(償還払い)>

1.妊娠届出時に「氷見市新生児等聴覚検査受診票」をお渡しします。

2.検査を受ける前に「氷見市新生児等聴覚検査受診票」を医療機関へお渡しください。

3.医療機関で検査結果を「氷見市新生児等聴覚検査受診票」に記載していただき、返してもらってください。(申請時に必要です。)

4.医療機関にて聴覚検査費用を全額お支払いください。(申請時に領収書・明細書が必要です。)

5.検査を受けてから150日以内に氷見市健康課(いきいき元気館)へ申請してください。

<必要書類>
償還払いの申請にお越しの際は下記の書類をお持ちください。

・聴覚検査に係る領収書および領収明細書の原本

・氷見市新生児等聴覚検査受診票(検査結果の記載があるもの)

・氷見市新生児等聴覚検査費用助成申請書兼請求書(ダウンロードはこちらから)(PDFファイル:413.2KB)

・母子健康手帳

・振込先の口座がわかるもの

 

その他

この記事に関するお問い合わせ先

健康課

郵便番号:935-0011
富山県氷見市中央町12番21号
電話番号:0766-74-8062 ファックス番号:0766-74-8257
メールでのお問い合わせはこちら