氷見市住宅リフォーム支援補助金

更新日:2021年04月01日

概要・内容

 転入された方自らが居住する目的で空き家を購入し、その住宅のリフォーム工事をした方、又は三世代同居をするために所有する住宅のリフォーム工事をした方に対し、補助金を交付します。

※令和3年4月1日より要綱が改正になりました。令和3年3月31日以前に取得した住宅のリフォーム工事については改正前の要綱が適用されます。

交付対象要件

市内に居住する方で、次のいずれにも該当する方

〇住宅のリフォーム工事が完成した日において、1、2のいずれかに該当する方

1.転入された方で、自らが居住する目的で空き家を購入し、その住宅のリフォーム工事をした方

2.リフォーム工事をした住宅で三世代同居をしている方 。リフォーム工事が完成した日より前から三世代同居をしていた場合は、次に掲げる場合に限ります。

  • リフォーム工事が完成した日の前後1年以内に出生又は転居により新たに当該世帯に属することとなった者が同居していること。
  • リフォーム工事が完成した日の前後1年以内に婚姻した夫婦(最も若年の世代に限る。)が同居していること。
  • リフォーム工事が完成した日の前後1年以内に新たに当該世帯に属することとなった夫婦(最も若年の世代に限る。)が同居していること。

〇市内に住所を有する法人又は個人事業主と契約を締結して、補助金の交付対象となる改修工事を行う方

〇すべての世帯員が市税を滞納していない世帯に属する方

〇すべての世帯員が過去にこの要綱による補助金を受けたことがない世帯に属する方

 

補助金の額等

 住宅のリフォームに要した費用の2分の1以内とし、50万円を限度とします(千円以下の端数切り捨て)。

ただし、次に掲げる費用を除きます。

  1. 車庫、カーポート及び物置等の設置工事
  2. 門、塀、その他の外構工事
  3. 移動や取り外しが可能な家具の購入・設置、家電製品の購入
  4. 電話及びインターネット等の配線工事
  5. 公共事業の施工に伴う補償費の対象となる工事
  6. 補助対象世帯の方が、自ら施工する工事
  7. 住宅の解体のみ行う工事
  8. 賃貸の用に供している、または供する予定の住宅のリフォーム工事
  9. 事務所、店舗その他居住以外を目的に使用する部分のリフォーム工事
  10. 本市の他の制度による補助を受けた整備箇所が当該補助の対象となる部分と重複する工事

※この他、細かな補助対象の適否につきましては、ページ下部の「リフォーム工事対象適否一覧表」のファイルをご参照ください。

補助金の返還

次のいずれかに該当した場合、補助金の返還が必要になります。

・交付対象者が、リフォーム工事が完成した日から3年以内に転出又は転居したとき、又はリフォーム工事が完成した日から3年以内に補助金の交付決定時に該当した要件に該当しなくなったとき。

・リフォーム工事が完成した日から3年以内に交付対象者又はその世帯員が市税の滞納をしたとき。

・虚偽又はその他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。

交付申請方法

交付申請期間

上記1.に該当する方 (転入者で空き家を購入しリフォームをした方)

令和3年4月1日以降に住宅を購入した場合>

住宅購入後2年以内

令和3年3月31日以前に住宅を購入した場合>

住宅購入後1年以内

 

上記2.に該当する方 (三世代同居をするためにリフォームをした方)

リフォーム完了後1年以内

 

申請に必要な書類

  • 氷見市住宅リフォーム支援補助金交付申請書
  • 世帯全員の住民票
  • 当該住宅の登記事項証明書又は住宅の取得の日を証する書類(上記1.該当者)
  • 戸籍附票(転入前の住所歴がわかるもの)(上記1.該当者)
  • リフォーム工事に係る費用の支払証拠書類
  • リフォーム工事の施工前の写真、完成後の写真
  • 住宅のリフォーム工事が完成した日を証する書類
  • 世帯全員の市区町村税の納税証明書(課税されていない場合は非課税証明書)
  • 個人情報の取扱いに関する同意書
  • 氷見市住宅リフォーム支援補助金申請に関する誓約書
  • 口座振替による支払申出書
  • 通帳又はキャッシュカードのコピー
  • 氷見市ふるさと定住促進事業補助金に関するアンケート 

※詳しくはチラシをご覧ください。 

添付ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

地域振興課

郵便番号:935-8686
富山県氷見市鞍川1060番地
電話番号:0766-74-8013 ファックス番号:0766-74-8255
メールでのお問い合わせはこちら