障害者手帳の申請・交付

更新日:2020年03月27日

身体障害者手帳(身体障害者)

 身体障害者手帳は、身体障害者福祉法による援助や必要な保護を受ける場合や、税の減免、鉄道運賃の割引など各種の制度を利用するため、身体障害者の証票として交付されるものです。

1 障害の種類

視覚障害、聴覚障害、平衡機能障害、音声・言語・そしゃく機能障害、肢体不自由、内部障害(心臓機能障害、腎臓機能障害、呼吸器機能障害、肝臓機能障害、ぼうこう・直腸機能障害、小腸機能障害、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能障害)

(注意)2010年4月から肝臓機能障害が追加されました。

2 新規に交付を受ける場合

  1. 身体障害者診断書・意見書
  2. 身体障害者手帳交付申請書(要印鑑)
  3. 無帽上半身の写真(タテ4センチ、ヨコ3センチ)

3 障害の程度が変更したため、再交付を受ける場合

  1. 身体障害者診断書・意見書
  2. 身体障害者手帳交付申請書(要印鑑)
  3. 無帽上半身の写真(タテ4センチ、ヨコ3センチ)

4 手帳の破損又は紛失で、再交付を受ける場合

  1. 身体障害者手帳交付申請書(要印鑑)
  2. 無帽上半身の写真(タテ4センチ、ヨコ3センチ)

注意事項

(注意)申請に必要な書類は市役所福祉介護課にも用意しています。(診断書・意見書の様式は障害の部位によって異なりますのでご注意ください。)

療育手帳(知的障害者)

 18歳以上の方は知的障害者福祉法により、18歳未満の知的障害児は児童福祉法により、自立と社会経済活動への参加を促進するための援助と必要な保護が実施されています。
 療育手帳制度は、一貫した指導・相談を行い知的障害者(児)に対する各種の援助措置を受けやすくするために、富山県では1974年3月から制度化されています。富山県障害者相談センター (18歳以上)又は 高岡児童相談所 (18歳未満)において知的障害者(児)と判定された人が手帳の交付対象者であり、原則として2年毎に障害程度の確認が行われます。

新規に交付を受ける場合

  1. 療育手帳交付申請書(要印鑑)
  2. 無帽上半身の写真(タテ4センチ、ヨコ3センチ)

 また面接により、生まれてから現在までの状況を詳しく聞き取りいたします。(家族の方からの聞き取り)。また市役所福祉介護課にも用意しています。

精神障害者保健福祉手帳(精神障害者)

 精神障害者保健福祉手帳制度は、各方面の協力により各種の支援策が講じられることを促進し、精神障害者の社会復帰の促進と自立と社会参加の促進を図ることを目的に、1995年10月から始まりました。

1 手帳の対象者

 精神疾患を有する者のうち、精神障害のため長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方
 統合失調症、そううつ病、非定型精神病、てんかん、中毒性精神病、器質精神病、及びその他の精神疾患の全てが対象ですが、知的障害は含みません。

2 障害の等級

障害の等級一覧
等級 程度
1級  精神障害であって日常生活の用に弁ずることを不能ならしめる程度のもの
 国民年金の障害基礎年金1級と同程度
2級  精神障害であって日常生活が著しい制限を受けるか、また制限を加えることを必要とする程度のもの
 国民年金の障害基礎年金2級と同程度
3級  精神障害であって日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの
 厚生年金の3級よりも広い範囲のものとする。

3 有効期限

手帳の有効期限は、交付日から2年間です。2年ごとに更新の手続きが必要です。

4 交付申請について

申請には、2つの方法があります。いずれの場合も写真(縦4センチ、横3センチ)1枚が必要です。

年金証書(写し)を添付して申請

  1. 精神障害者保健福祉手帳申請書(診断書欄の記入は不要)
  2. 障害年金の年金証書(写し)、直近の年金振込通知書(写し)
  3. 照会同意書

診断書による申請

  1. 精神障害者保健福祉手帳申請書(診断書欄の記入が必要です)

注意事項

(注意) 1,3については、市役所福祉介護課に用意してあります。また、1については、精神科医療機関にもある場合があります。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉介護課

郵便番号:935-8686
富山県氷見市鞍川1060番地
電話番号:0766-74-8111 ファックス番号:0766-74-8060
メールでのお問い合わせはこちら