本文

市長の活動日誌:平成30年11月21日から11月30日まで

更新日:2018年12月5日このページを印刷する

11月21日(水曜日)

氷見市総合教育会議を開催しました。
明和、速川、久目小学校を統合し、現西部中学校との小中一貫教育とするスケジュールや、学校給食センターの整備、県内トップレベルとなった小中学校のICT教育の状況、文部科学省の学習指導要領を2年前倒しして今年から始めた小学校の外国語教育などを説明し、各委員からいろいろなご意見をいただきました。
今後の教育行政に活かしてまいります。

1121
11212

11月22日(木曜日)

今日から全国発売される「ゆるり、休んでかれ」のPRに、歌手の平こういちさん、作曲者の野崎弘通さん、協力者の「勘右衛門母母座」店主川嶋裕美子さんが市役所にお越しになりました。
氷見のご当地ソングなだけに、全国で歌われて、氷見を知ってもらいたいですね。
皆さんで応援していきましょう。

とやま呉西圏域郵便局・道の駅スタンプラリー開始式に出席しました。
呉西6市の市長を代表してご挨拶させていただきました。
各市の市長の代理で、6市のマスコットキャラクターが勢揃いしてくれました。
このスタンプラリーでは、呉西圏域の各郵便局でお持ちの「郵便風景印」と12箇所の「道の駅」に配置されているスタンプをスタンプラリー形式で集めて、一定程度貯まると景品が当たるというものです。
また、氷見市の女良郵便局では、本日より「ポフ・アート展」として、絵画の展覧会も開催されています。

東京の堂故参議院議員を訪ね、来年度の国要望の中でも最重点の新文化施設建設事業に対する国からの補助の要望にお伺いしました。
有利な財源で建設を推進してまいります。

夕方、日本体育大学と連携自治体とのフォーラム及び交流会に出席しました。
氷見市では平成27年に日体大とスポーツの振興や健康増進を目的として連携協定を締結しています。
日体大では現在全国の55の自治体と連携協定を締結して、スポーツ研修団体の受け入れや講師の派遣などを行っています。
氷見市では昨年12月に柔道のオリンピック選手の山本洋祐日体大教授を講師に招いて、市内の全中学2年生を対象にした講演会を開催しました。
ご来賓として、二階俊博自民党幹事長と林幹雄幹事長代理がお見えでした。

1122
 
1122
11222
11223

11月25日(日曜日)

第4回氷見高校同窓会にお招きいただきました。
平成24年4月に旧氷見高校と有磯高校が一つになって、新しい氷見高校になりました。
今では市内で唯一の高校として、学業に、またスポーツに頑張っていただいています。
特に今年は、男子ハンドボール部が、選抜大会、インターハイ、国民体育大会の全国優勝3冠の偉業を達成して、市民の皆様に大きな勇気と感動を与えてくれました。
今後ますますの発展をご祈念いたします。

防災講演会in氷見市を開催しました。
氷見市と国、県、関係団体の皆様による実行委員会で開催したものです。
今年も大阪北部地震や西日本豪雨、北海道胆振東部地震など多くの災害に見舞われました。
氷見市はこれまでも、地滑りなどの土砂災害や低地の浸水などに悩まされてきました。
災害に対して、正しく理解して、正しく備えるることが重要です。

1125
11252

11月26日(月曜日)

氷見青年会議所の次期理事長の禅野葵さんほか3人がご挨拶に来られました。
学校教育と地方創生に取り組みたいとの熱い思いを語っていかれました。

外部委員からなる氷見市コンプライアンス委員会を開催しました。
先週には、氷見市職員が逮捕されるというショッキングな事件があっただけに、委員の皆様からは厳しいご意見をいただきました。
委員の皆様の会社で行っているコンプライアンス遵守方策の事例などもお聞かせいただきました。
今後、市長からの全職員へのメッセージやコンプライアンスチェックシートでの自己チェックの実施、コンプライアンス宣言への署名、昨年から実施しているハラスメント等に関するアンケート調査の実施、職場ミーティングなどを実施して、職員のコンプライアンス遵守の取り組みを更に進めてまいります。

1126
11262

11月27日(火曜日)

市内在住の松室祐輔さんの自衛隊入隊激励式を開催しました。
国防や国際平和協力、災害派遣など 自衛隊の果たす役割は益々大きいものがあります。
崇高な使命を胸に志を持たれ、この度自衛隊に入隊される松室さんには、健康にご留意され、厳しい訓練にも耐えて、任務の推進に全力で取り組まれますようご祈念いたします。

今年度の氷見土木事務所管内の優良土木建築工事の表彰式を開催しました。
最優秀賞1工事、優秀賞3工事、良賞4工事の会社と最優秀現場代理人1人を表彰させていただきました。
受賞された皆様には誠におめでとうございました。
今後とも素晴らしい工事を行い、社会基盤の整備と技術の継承、後継者の育成にご尽力 願います。

1126
11262

11月28日(水曜日)

富山国際大学の「地域課題探求講座」の講師として90分の授業1コマの時間をいただきました。
なぜ、「住みたい街」、「働きたい街」、「育てたい街」なのか?や、きときと健康ポイント、世界農業遺産登録への取り組み、名城大学農学部との連携、出生祝い制度、電子図書館などの新しい取り組み等を約100人の学生さんに説明させていただきました。
生徒さんから、安定的な漁業の確立のために何が必要かといった質問が出ました。

1128
11282

11月29日(木曜日)

午前中、氷見市シルバー人材センター、氷見市建築設計監理協同組合、氷見商工会議所の3団体からの要望がありました。
それぞれ、事務所の使用、市内建築設計事業所の活用、まちづくりや市内消費拡大・創業支援の拡充などの要望をお聞きしました。 来年度予算編成などの中で検討してまいります。

午後東京に移動し、晩に若者のまち渋谷で開催された「氷見ぶりフェア」に出席しました。
朝獲れの10kgのぶりを氷見市観光協会副会長の杉木克己シェフが解体ショーで盛り上げて刺身にし、約100名の皆様に振る舞いました。
インフルエンサーの人づてで集まってくれた皆様にも好評でした。
また、氷見きときと魚大使のモーリー・ロバートソンさんとのトークやロバートソンさんのDJでも盛り上がりました。
今度紅白歌合戦への出場が決まった氷見出身の桜打君も来てくれました。

1129
11292
11293
11294

11月30日(金曜日)

午前中、東京にて、来年度予算確保に向けて、県選出国会議員や国土交通省への要望を行いました。
特に、新文化施設の建設に向けての事業採択を強く要望してきました。

夕方、イルミネーション・in・氷見の点灯式に出席しました。
第28回目となる今年のテーマは「きらめく海」で、氷見の美しい海を幻想的にイメージした色鮮やかな光で皆さんを迎えてくれます。お魚さんや忍者ハットリくんもいました。
氷見呼(ひみこ)の皆さんがハンドベルの演奏で盛り上げてくれました。

 
1130
11302
11303
11304

このページについてのお問い合わせ

[ 秘書担当 ]
〒935-8686 氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8007 Fax:0766(74)0692 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。