本文

妊産婦医療費の助成

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

概要

氷見市では、母子の健康保持と増進のため、医師の診断により認められた妊産婦の特定の疾病にかかる医療費(保険診療の自己負担分)を助成しています。

※食事療養費や保険適用外の医療費は除きます。

助成対象となる疾病

  • 妊娠高血圧症候群
  • 糖尿病
  • 貧血
  • 産科出血
  • 心疾患
  • 切迫早産

助成対象期間

申請した月の初日から出産した月の翌月末日まで

※申請が遅れないようご注意ください。

申請方法

医師の診断により、助成対象となる疾病を有すると認められた方は、次のものをお持ちになり子育て支援課までお越しください。

  • 妊産婦医療費受給資格登録(変更)申請書(医師の証明のあるもの)
  • 母子手帳
  • 妊産婦の健康保険証
  • 印鑑
  • 妊産婦および生計維持者(夫婦のうち所得の高い方)の個人番号(マイナンバー)を確認できるもの(個人番号カード、個人番号通知カードなど)
  • 申請者の身元を確認できるもの(個人番号カード、運転免許証、パスポートなど) 

助成方法

県内の医療機関を受診した場合(現物給付)

 医療機関等の窓口で「受給資格証(ピンクのカード)」と「健康保険証」を提示してください。
 保険診療の自己負担分が無料になります。

 ※平成31年4月からは「受給資格証(ピンクのカード)」が新しくなり、医療機関等への「福祉医療費請求書(ピンクの用紙)」の提出が不要となっております。

県外の医療機関を受診した場合(償還払い)

 医療機関等の窓口でいったん支払った後、市役所で払戻しの手続きを行ってください。
 後日、指定口座へ振込みます。

【手続きの際に必要なもの】

  • 妊産婦の健康保険証
  • 受給資格証(ピンクのカード)
  • 領収書(原本)
  • 印鑑
  • 振込先口座を確認できるもの

 住所、氏名、健康保険証などに変更があったとき

次のものをお持ちになり、子育て支援課までお越しください。

  • 受給資格証(ピンクのカード)
  • 妊産婦の健康保険証

 受給資格を喪失するとき

お持ちの受給資格証(ピンクのカード)を、子育て支援課へご返却ください。 

1. 助成の対象となる期間が経過したとき
2. 転出等により、氷見市内に住所を有しなくなったとき
3. 生活保護となったとき
4. 健康保険の資格を失ったとき

このページについてのお問い合わせ

[ 子育て応援担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8117 Fax:0766(30)2913 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。