本文

平成31年3月13日市長室トーク

更新日:2019年3月28日このページを印刷する

◇市長室トークの概要についてご紹介します。

高齢化社会における公共交通について   ~個人~

 トーク概要

 市が進めている「氷見まちなかグランドデザイン」はすばらしいものであるが、自分ごととして考えると、共感できない部分がある。将来、運転免許証を返納することを想像すると、市内の交通手段に危機感を強く感じてしまう。今より高齢化が進み、運転ができない人が増加した際には、公共交通の重要性が更に増すと思う。

 そのためには、高齢者が自発的に市街地に外出し、買い物ができるよう路線バスなどの公共交通を充実させることが必要ではないか?また、公共交通がなければ高齢者は「氷見まちなかグランドデザイン」の中で建設が予定されている施設等に行く事ができない。今後は、公共交通を社会的インフラとして考えていく必要があると思う。

 

このページについてのお問い合わせ

[ 地域振興課 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8013 Fax:0766(74)8255 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。