本文

農業遺産シンポジウム「農業遺産の意義とその活用」

  • イベント・講座・募集

更新日:2020年2月10日このページを印刷する

開催日

農業遺産シンポジウム

2020年2月29日~2020年2月29日

イベントについて

「農業遺産の意義とその活用」と題し、シンポジウムを開催します。

基調講演のほか、世界農業遺産に認定された地域の方や氷見市が農業遺産のテーマとして掲げる「定置網」に精通した方々にご登壇いただき、パネルディスカッションを行います。

氷見市が進める農業遺産の意義と氷見市の素晴らしい地域資源を活用し、次の世代へ継承していく意義等について考える機会としたいと思います。

また、シンポジウムを通して、市民の皆様に農業遺産について理解を深めていただき、市全体での取り組みへ広めていきたいと思います。

日時 

 令和2年2月29日(土曜日) 13:30から

場所

 氷見市いきいき元気館 3階ホール

プログラム

  1 市長挨拶

  2 基調講演 13時35分~14時20分

 

    「農業遺産の意義とその活用」

     講師 永田 明氏(東アジア農業遺産学会日本事務局アドバイザー)

  3 氷見市の申請概要発表 14時20分~14時35分

  4 パネルディスカッション 14時45分~15時45分

    パネリスト

     永田 明氏

     馬場 治氏(東京海洋大学教授)

     清水 浩二氏(岐阜県農政部里川振興課長)

     鈴木 瑞麿氏(元氷見市史編さん室学芸員)

    コーディネーター

     石川 智士(東海大学教授)

問合せ

 氷見農業遺産推進協議会事務局(氷見市地方創生推進課)

 電話 0766-74-8011

 

このページについてのお問い合わせ

[ 地方創生推進担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8011 Fax:0766(74)8255 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。