本文

氷見市新文化交流施設の設計者が決まりました

更新日:2019年8月30日このページを印刷する

 

氷見市ではこのたび、旧市民病院跡地に整備する新文化交流施設(仮称)の基本設計および実施設計の事業者として、有限会社ナスカ(東京都新宿区)と契約を締結しました。

設計者プロフィール

一級建築士事務所として1994年に設立。代表の古谷誠章(ふるや のぶあき)氏が教鞭をとる早稲田大学古谷誠章研究室とも連携して、建築の設計実務と研究を統合した活動を行う。主な作品に「アンパンマンミュージアム」「茅野(ちの)市民館」「小布施町立図書館まちとしょテラソ」「道の駅鋸南(きょなん)保田小学校」「阿久根市民交流センター」など。

このページについてのお問い合わせ

[ 新文化施設建設室 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8215 Fax:0766(74)8255 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。