氷見の創業者を紹介!-干物や氷見-

更新日:2020年04月10日

干もの家氷見 澤田 美葉さん(比美町)

子供から大人まで多世代に親しまれる

今回ご紹介するのは、「干もの家 氷見」を昨年5月にオープンした澤田 美葉さん。東京で食肉の卸を行う会社で働いていて、子供が保育園に入れず、待機児童になってしまった時に「保育園に入れる環境で働きたい」と思ったことがきっかけで地元の氷見市にUターンし、干物屋をオープンしました。

無添加にこだわった北陸の特産品を中心に並ぶ店舗奥の座敷には「多くの人に干ものを身近に感じて欲しい」と購入した干物を七輪で焼いて、お酒と一緒に楽しめるスペースもあり、ご近所の方から観光客までその場で手軽に気軽に味わえる場所として親しまれています。

さらに、子供たちにも魚を食べれるようになって欲しいとの想いから、座敷には子供たちも遊べるコーナーもあり、多世代で楽しめる場所になっているそうです。

お客様が「美味しかったまた来るね!」と食べた干物をお土産に買って帰っていただけることにやりがいを感じる澤田さんの将来は、「干物を買うならここのお店でという存在になりたい。」と夢を語ってくれました。

店舗情報

所在地:935-0012 富山県氷見市比美町9-8

定休日:不定休

営業時間:9:00~17:00 ※17:00以降のご利用は要予約

電話番号:0766-50-9593

ファクス番号:同上

ホームページ:http://himonoya-himi.shop

地図

富山県氷見市比美町9-8

この記事に関するお問い合わせ先

商工振興課

郵便番号:935-8686
富山県氷見市鞍川1060番地
電話番号:0766-74-8105 ファックス番号:0766-74-8104
メールでのお問い合わせはこちら