退職者医療制度

更新日:2020年04月23日

概要・内容

2014年度までに会社などを退職して国保に加入し、年金(厚生年金など)を受けられる65歳未満の人とその家族(被扶養者)は、「退職者医療制度」で医療を受けます。

対象者

次の1.~3.にすべてあてはまる人(退職被保険者本人)と、その被扶養者が対象です。

1.国保に加入している(2014年度までに加入した人)

2.厚生年金・船員年金・共済年金の老齢(退職)年金を受給されている人でその加入期間が20年以上、または40歳以上の加入期間が10年以上あること

3.年齢が65歳未満の人

※扶養者とは...退職被保険者本人と同じ世帯の国保加入者のうち、配偶者(事実上、婚姻関係にある方を含む)および三親等内の親族であり、主として退職被保険者本人の収入により生計を維持している64歳以下の人

 

手続きに必要なもの

  • 年金証書
  • 印鑑
  • 新規に国民健康保険に加入する方は、職場の保険の資格喪失がわかるもの
  • すでに国民健康保険に加入されている方は、国民健康保険証

参考

会社を退職直後に健康保険に加入する場合、以下から選択できます。 保険料等の条件や加入できるかどうかなどは本人が調査決定してください。

  • 社会保険等会社の保険を任意継続して加入
  • 国民健康保健に加入
  • 家族が加入している社会保険等会社の健康保険の被扶養者として加入

医療を受けるとき

 医療機関の窓口へ「国民健康保険退職者被保険者証」を提出してください。

 医療費等の患者負担割合は、他の被保険者証と変わりありません。

この記事に関するお問い合わせ先

市民課

郵便番号:935-8686
富山県氷見市鞍川1060番地
電話番号:0766-74-8051 ファックス番号:0766-72-8060
メールでのお問い合わせはこちら