新文化交流施設実施設計市民説明会を開催しました

更新日:2020年08月11日

8月8日(土曜日)、氷見市いきいき元気館において、「新文化交流施設実施設計市民説明会」を開催しました。

説明会には、32名の方のご参加をいただき、設計者である有限会社ナスカの古谷誠章代表取締役(早稲田大学教授)から、これまでの取組経過や実施設計の概要、本施設の特徴である多様なホールの使い方などについて説明しました。

質疑応答では、参加者から多岐にわたる質問や意見が出され、古谷氏と林市長が答えました。

林市長開会あいさつ

林市長開会あいさつ

リモート形式にて説明するナスカ古谷代表

リモート形式にて説明するナスカ古谷代表

開催にあたって、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、古谷氏による説明はリモート形式となりました。また、受付での検温や会場の換気、距離を置いての着席などの対策を取りました。

なお、この説明会の様子は、能越ケーブルネットの氷見市広報番組にて、以下の日時に放送されます。
2020年9月20日(日曜日)から26日(土曜日)の午前6時、午後3時、午後8時

当日の配布資料は、以下からご覧いただけます。

市民説明会配布資料(PDFファイル:4.1MB)