まちの話題(2018年6月中旬~7月中旬)

更新日:2020年03月27日

親子で自然を学ぼう!水辺の生き物教室(6月23日・7月1日)

 6月23日に14組の親子24人が参加し、第23回親子とんぼ教室が乱橋池で開催されました。子どもたちは、虫かごを肩にかけ、網を片手に持ち息をひそめ、トンボに狙いを定めていました。この教室は、全4回シリーズで行われ、トンボの観察や採集をし、標本づくりをするものです。

 一度参加すると2年、3年と続けて参加する児童が多いのがこの教室の特徴です。また、小学生のときに教室に参加した青年が、指導者の一人として子どもたちにトンボのことを教えています。

 子どもたちは、「次はもっとたくさん捕まえたい」と、第2回目の教室を楽しみにしていました。

 7月1日に10組の親子25人が参加し、第5回親子イタセンパラ教室が下久津呂の万尾川などで開催されました。参加者は、胴長を履き網とバケツを両手に、川の中に勢いよく入っていきました。この教室は、国指定の天然記念物であるイタセンパラの生態や生息環境を学習し、自然の大切さを学ぶものです。

 今年の秋には、第2回目の教室が開催され、色鮮やかに成長したイタセンパラを観察することが出来ます。

フォトギャラリー

数人の子どもたちが虫かごを手に2人の大人と一緒にトンボの名前を教わっている写真

指導者に採集したトンボの名前を教わる子どもたち

虫を持って笑顔になっている女の子の写真
子どもと大人がお互いの手を取り何かをしている写真
複数の子どもたちが採集網をのぞきこんでいる写真

万尾川でイタセンパラなどを採集をする子どもたち

つかまえた虫を手にもって2人の子供が笑顔で写っている写真
たくさんの子供たちが手前の人が高くかかげた袋に入っているものを見せられて注目している写真

自然のモノを活かした「木育」講座(6月23日・6月24日)

 6月24日、林業関係者や保育士、大学生など17人が参加して海浜植物園で木育インストラクター養成講座が開催されました。

 この講座は、2016年度から開催されており、参加者は紙やすりで削って木の積み木を作ったり、水に浮かべたり、その手入れ法を体験したりしました。参加者からは「普段の生活の中で子どもに実体験させることの大切さがわかりました」と感想がきかれました。

 また、前日の23日には昨年養成講座を受講した7人が参加しフォローアップ講座が開催されました。海浜浜植物園周辺を探索し、身近な自然物の楽しみ方や収集した物の暮らしヘの取り入れ方を学びました。

フォトギャラリー

広々とした教室で講師の話を聞く多数の参加者の写真

木育インストラクター養成講座

青い枠の中に置かれた木の積み木の写真

木の積み木

大きな木の下で芝生の上に座ってフォローアップ講座を受けている参加者の写真

フォローアップ講座1

黒いシートの上に色とりどりの葉を使って表現された絵の写真

フォローアップ講座2

葉っぱやまつぼっくりなどで作った飾り物の写真

フォローアップ講座3

101回目の道路愛護デー会見式(7月1日)

 氷見市と宝達志水町の市境(三尾地内)で、林市長,寳達町長ほか、両県議会議員、市・町議会議長などが出席し、道路愛護デー会見式が執り行われました。

 これは1918年に当時の氷見郡速川村村長と石川県北志雄村村長が発起人となり「両地区の発展と産業の振興は、まずは道路整備から」との思いから始めたもので、今回が101回目となります。

 当日は両地区で約5500人が、集落ぐるみで早朝から道路の草刈りやゴミ拾いを行いました。

フォトギャラリー

作業服を着た男性とスーツ姿の男性が道路をふさぐように向かい合って2列に並んで立ち握手をしている写真

会見式1

作業服を着た男性とスーツ姿の男性が道路をふさぐように向かい合って2列に並んでお互いに手を振っている写真

会見式2

道路の端に座り込んでいる4人の男性の写真

三尾地内

道路に座り込んでいる市民とその横で立っている副市長の写真

市民(三尾地区)と小野副市長

からだもあたまもきときとに!介護予防大作戦(7月6日)

 約150人が参加し、いきいき元気館で介護予防大作戦が開催されました。

 開会前に、参加者は片方の足立ちや、日常生活に関する質問による脳の元気度チェックなどで「からだ」と「あたま」の元気度測定を行いました。

 開会後まず、阿尾地域自治振興協議会野手憲二会長が昨年度の「高齢者見守りSOSネットワーク模擬訓練」の様子を紹介し、参加者は地区の熱心な取組みに聞き入っていました。

 次に、シナプソロジーインストラクターの谷内紳一先生による講演と実技指導では、先生の合図で参加者が体を動かしましたが、だんだん複雑になる動きに即座には反応できない場面もあり、会場は笑い声に包まれました。

 最後に、南砺市民病院前院長の南眞司先生の「認知症や幸せに暮らせるまちづくりについて」の講演で、先生の分かりやすく親しみやすい語り口に会場では、しきりにうなずく姿も見受けられました。

フォトギャラリー

机の前に立つ男性とマイクを向ける女性の写真

阿尾地域自治振興協議会野手会長

紫のシャツを着て左手に資料をもって話している男性の写真

シナプソロジーインストラクター谷内先生

頭に両手をあてている大勢の参加者の写真

体を動かす参加者

スーツを着た男性がマイクを片手に講演する写真

南砺市民病院前院長南先生

夏本番‼海に人波(7月16日)

 三連休の最終日となった海の日は高気圧に覆われ、最高気温35.5°の猛暑日となり、海水浴場は家族連れなどの多くの人で賑わいました。

 駐車場は朝から混雑し、浜辺には色とりどりのサンシェードが砂浜を埋めていました。

フォトギャラリー

海に大勢の人が入っていて砂浜にテントを広げる人々で賑わっている小境海岸CCZの写真

小境海岸CCZ

海に大勢の人が入っていて砂浜にテントを広げる人々で賑わっている島尾海水浴場の写真

島尾海水浴場

この記事に関するお問い合わせ先

秘書広報課

郵便番号:935-8686
富山県氷見市鞍川1060番地
電話番号:0766-74-8012 ファックス番号:0766-74-0692
メールでのお問い合わせはこちら