新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

更新日:2020年07月21日

国民健康保険税の減免制度内容

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯については、申請により国民健康保険税の税額が減免されます。

 

【減免となる世帯の要件】

1 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯 ⇒ 保険税を全額免除

2 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれ、次のアからウの要件をすべて満たす世帯 ⇒ 以下のように保険税を減額

世帯の主たる生計維持者について

ア 事業収入や給与収入などの事業収入等のいずれかの減少額が前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること

イ 前年の所得の合計額が1000万円以下であること

ウ 減少する事業収入等以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること

 

【保険税の減免額】

保険税の減免額は、減免対象保険税額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額です。

A:世帯の被保険者全員について算定した保険税額

B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額

C:主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額

減免割合(D)は下表のとおり
前年の合計所得金額 減額又は免除の割合(D)
300万円以下であるとき 全部
400万円以下であるとき 10分の8
550万円以下であるとき 10分の6
750万円以下であるとき 10分の4
1000万円以下であるとき 10分の2

 

【減免対象と保険税】

令和2年2月1日から令和3年3月31日までに納期限が設定されている保険税

 

【申請に必要な書類】

国民健康保険税の納税通知書、減少する見込みである事業収入等について、前年の確定申告書の写しや収支内訳書、今年の収入が確認できる資料