国民健康保険の加入や変更の手続き

更新日:2020年03月27日

国民健康保険とは

1.国民健康保険のしくみ

職場の健康保険(健康保険組合や共済組合など)に加入している人や生活保護を受けている人を除く全ての人が、国民健康保険に加入します。

国民健康保険に加入すると、医療費の負担が一部で済むほか、給付金を受給できます。国民健康保険に加入している方が出産した場合は、国民健康保険より出産育児一時金の支給があります。

2.国民健康保険の加入する人

国民健康保険は、社会保険や船員保険や共済組合の被保険者、組合員やその被扶養者以外の方と生活保護以外の方が加入する健康保険です。

加入者の例

  • 自営業の方
  • 職場の健康保険などに加入していない方
  • 外国人登録をしていて、1年以上日本に滞在すると認められた外国籍の方
  • 退職されて職場の健康保険などをやめた人

国民健康保険各種届出について

1.国民健康保険に加入するときの届出について

 次の場合には必ず14日以内に市民課へ届出をしましょう。

届出に関する詳細
こんなとき 届出に必要なもの
他市区町村から転入
  • 他市区町村の転出証明
  • 印鑑
職場の健康保険を喪失したとき
  • 職場の健康保険の資格がきれた証明書(資格喪失証明書)
  • 印鑑
職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき
  • 職場の健康保険の被扶養者資格がきれた証明書(資格喪失証明書)
  • 印鑑
子どもが生まれたとき
  • 母子手帳
  • 出産育児一時金を振り込むための振込先のわかるもの(金融機関の通帳)
  • 印鑑
任意継続期間が満了した場合又は
任意継続を途中でやめる場合
  • 任意継続の保険証
  • 途中でやめる場合は任意継続保険料の納付書(未納のもの)または資格喪失証明書
  • 印鑑
  • (注意)世帯に国民健康保険証の加入者がおられる場合は、手続きの際に国民健康保険証をお持ちください。
  • (注意)年金を受給されている方は年金証書もお持ちください。

2.国民健康保険から脱退するとき

 次の場合には必ず14日以内に市民課へ届出をしましょう。

届出に関する詳細
こんなとき 届出に必要なもの
他市区町村へ転出するとき
  • 国民健康保険証
  • 印鑑
職場の健康保険に加入したとき
  • 国民健康保険証
  • 職場の健康保険証
  • 印鑑
職場の健康保険の被扶養者になったとき
  • 国民健康保険証
  • 職場の健康保険証
  • 印鑑
死亡したとき
  • 国民健康保険証
  • 葬祭を行った方の振込先のわかるもの(金融機関通帳(郵便局を除く))
  • 印鑑

3.その他の届出について

 次の場合には必ず14日以内に市民課へ届出をしましょう。

届出に関する詳細
こんなとき 届出に必要なもの
市内で住所が変わった(転居)とき
  • 国民健康保険証
  • 印鑑
世帯主や氏名が変わったとき
  • 国民健康保険証
  • 印鑑
世帯を分けたり、いっしょになったとき
  • 国民健康保険証
  • 印鑑
修学のため子どもが他市区町村に住むとき
  • 国民健康保険証
  • 在学証明書
  • 印鑑
保険証をなくしたり、汚れて使えなくなったとき
  • 運転免許証、パスポート等顔写真付で本人確認のできるもの (ない場合は郵送となります)
  • 印鑑

添付ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

市民課

郵便番号:935-8686
富山県氷見市鞍川1060番地
電話番号:0766-74-8051 ファックス番号:0766-72-8060
メールでのお問い合わせはこちら