住宅用火災警報器の維持管理のお願い

更新日:2020年03月27日

住宅用火災警報器の交換は、10年が目安です。

氷見市では、火災予防条例で2008年6月から住宅用火災警報器の設置が義務付けられており、その交換の目安が10年とされていることもあり、今後、電子部品の老朽化や電池切れ等により作動不良となる機器の一層の増加が懸念されます。

もしものときのため、定期的に作動確認を行い、電池や機器本体の維持管理をお願いします。

詳細は、以下のサイトをご覧ください。

日本火災報知機工業会 スペシャルサイト

この記事に関するお問い合わせ先

予防課

郵便番号:935-0063
富山県氷見市加納387番地1
電話番号:0766-30-7119
メールでのお問い合わせはこちら