水の事故から身を守る!

更新日:2020年06月26日

暑い日が続き、海や川、プールなど水に触れる機会が多くなる季節となります。しかし、水の事故が起こってしまうと楽しいレジャーから一転、最悪生命を脅かす事態にまで発展します。

次の「3つの危険」に注意して水の事故から身を守りましょう。

溺れる

 

水の事故を防ぐには?

危険な「状態」に注意しましょう。

・海や川では、必ずライフジャケットを着用する。

・子供が水に入るときは、泳げる大人が必ず付き添う。

・子供が水辺で遊んでいる時は目を離さない。

 

危険な「時」に注意しましょう。

・天候が不安定な時や、暗い時。

・体調が優れない時。

・お酒を飲んだ時。

溺れている人を助ける

危険な「場所」に注意しましょう。

・遊泳区域外では水深が深くなっているため危険。

・立ち入り禁止、危険などの看板があるところ。

水の事故が起こったら?

・多くの人を集める。

・119番通報を行う。

・助けに行く時は、浮き輪など浮かぶものを投げるか持っていく。

・浮かぶものが無い場合は、消防隊の到着を待つ。

救急車

この記事に関するお問い合わせ先

消防署

郵便番号:935-0063
富山県氷見市加納387番地1
電話番号:0766-74-8300 ファックス番号:0766-74-8338
メールでのお問い合わせはこちら