氷見市文化財センター

更新日:2020年05月07日

施設について

氷見市文化財センターについて

雲一つない空の下建つ氷見市文化財センターの外観の写真

旧女良小学校を転用し、氷見市立博物館が所蔵する漁撈用具や農具、生活用具などの民俗文化財のほか、市内の遺跡から出土した考古資料等を収蔵しています。

また旧体育館では、国登録有形民俗文化財「氷見及び周辺地域の漁撈用具」のうち、実物の和船を中心に収蔵展示を行っています。

2018年には、新たに木造船ドブネ(2分の1スケール)が収蔵資料に加わりました。ドブネは、江戸時代から1955年代末ごろまで、氷見沖の定置網漁の網取り船として欠かせない存在でしたが、実物は現存していません。収蔵しているドブネは、2016年から2018年にかけて2分の1の大きさで復元されたものです。ドブネは、底板の両側に丸太を刳り抜いた「オモキ」と呼ばれる部材を組み込む「オモキ造り」の構造を持ちます。「オモキ造り」は、日本海沿岸地域の特徴とされる造船技術です。文化財センターで収蔵している資料では、神通川のササブネや、若狭湾のトモブトが「オモキ造り」の木造船です。

氷見市文化財センター内に新たに収蔵された木造船のドブネの写真

令和2年度 氷見市文化財センター開館日

 氷見市文化財センターでは、年10回の開館日を設けています。開館日には、学芸員が随時解説を行います。

開館時間:午前9時~午後4時

4月の開館は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、中止となりました。下記5月以降の開館については、ホームページ等でご確認ください。

  • 5月23日(土曜日)
  • 6月27日(土曜日)
  • 7月25日(土曜日)
  • 8月22日(土曜日)
  • 9月26日(土曜日)
  • 10月24日(土曜日)
  • 11月7日(土曜日)
  • 11月28日(土曜日)
  • 3月27日(土曜日)
氷見市文化財センター内に新たに収蔵された木造船のドブネを上から撮影した写真

住所

郵便番号 935-0403
氷見市中田645番地(旧女良小学校)

この記事に関するお問い合わせ先

博物館

郵便番号:935-0016
富山県氷見市本町4番9号 氷見市教育文化センター1階
電話番号:0766-74-8231 ファックス番号:0766-30-7188
メールでのお問い合わせはこちら