氷見市持続化給付金を支給します(売上が30%以上50%未満減少した事業者等が対象)

更新日:2020年10月14日

氷見市持続化給付金の申請を受け付けています(令和3年1月29日締切)

新型コロナウイルス感染症による影響を受けたにもかかわらず、国の持続化給付金の給付対象とならない市内の中小企業者等に対して氷見市独自の持続化給付金を支給します。

対象者

令和2年3月31日以前から法人設立又は事業を開始しており、市内に主たる事業所を有する中小企業者(中小企業基本法第2条第1項に規定する者)及びフリーランスを含む個人事業者で、今後も、引き続き事業を継続する意思がある場合に限ります。

対象要件

令和2年1月から令和2年12月の間で、事業収入等が前年同月比30%以上50%未満減少した月(以下「対象月」という。)がある事業者。

ただし、50%以上の減少した月がある場合、国の持続化給付金の対象となるため、本事業の対象外となります。

そのため、本市の持続化給付金受給後に国の給付対象となった場合は、本市から受給した給付金を返還していただきます。(例:10月中に本市に申請・受給した後、11月又は12月の事業収入が50%以上減額となった場合は返還していただきます。国の持続化給付金を申請してください。)

詳しくは、要綱をご覧いただくか、市商工振興課までお問合せください。

給付額

■個人事業者

10万円を超えない範囲で、令和元年の年間事業収入から対象月の月間事業収入に12を乗じて得た額を差し引いた額

■主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者

10万円を超えない範囲で、令和元年の年間業務委託契約等収入から対象月の月間業務委託契約等収入に12を乗じて得た額を差し引いた額

■中小企業者

20万円を超えない範囲で、対象月の属する事業年度の直前の事業年度の年間事業収入から対象月の月間事業収入に12を乗じて得た額を差し引いた額

必要申請書類

【個人事業者向け】

■様式第1-1号(交付申請書兼実績報告書)

■様式第2-1号(事業収入(売上)等計算書)

又は、様式第2-2号(事業収入(売上)等計算書)※新規開業者用

■確定申告書の写し

<青色申告の場合>

・確定申告書第一表

・所得税青色申告決算書

<白色申告の場合>

・確定申告書第一表

■令和2年度分の対象とする月(対象月)の売上台帳等の写し

■通帳の写し(銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義

■本人確認書の写し

 

【主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者向け】

■様式第1-2号(交付申請書兼実績報告書)

■様式第2-3号(事業収入(売上)等計算書)

■確定申告書の写し(確定申告書第一表)

■国民健康保険被保険者証の写し(申請者名義の国民健康保険証)

■令和2年度分の対象とする月(対象月)の売上台帳等の写し

■通帳の写し(銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義

■本人確認書の写し

■業務委託契約書等収入があることを示す書類(確定申告書の写しに記載されている収入が業務委託契約等収入であることを示すもの)

 

【中小法人等向け】

■様式第1-3号(交付申請書兼実績報告書)

■様式第2-4号(事業収入(売上)等計算書)

又は、様式第2-5号(事業収入(売上)等計算書)※新規開業者用

■確定申告書の写し(確定申告書第一表、法人事業概要説明書)

※少なくとも、確定申告書別表一の控えには収受日付が押されていること。

■令和2年度分の対象とする月(対象月)の売上台帳等の写し

■通帳の写し(銀行名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人)

申請期限

令和3年1月29日 金曜日 必着(消印有効)

交付要綱及び申請書類等

この記事に関するお問い合わせ先

商工振興課

郵便番号:935-8686
富山県氷見市鞍川1060番地
電話番号:0766-74-8105 ファックス番号:0766-74-8104
メールでのお問い合わせはこちら