氷見市海浜植物園内装木質化リニューアル工事設計等業務委託公募型プロポーザルの実施について(選定結果)

更新日:2020年05月19日

目的

開園から20年以上が経過する氷見市海浜植物園について、来園者の減少、施設の老朽化といった課題を踏まえ、2019年3月に「氷見市海浜植物園のあり方に関する基本方針」(以下「基本方針」という。)が策定された。この基本方針に基づき、氷見市海浜植物園が、海浜植物という現在の資産を生かしながらも、従来からの性質である緑花の拠点に加え、1.子育て世代などが雨天の時でも遊べる「子どもの遊び場や学び場」、2.人と人との交流を生み出す「憩い・学びの場」となることを目指し、氷見市海浜植物園のリニューアルを実施する。

本プロポーザルは、2018年10月に策定された「氷見市木育ビジョン」に基づき、氷見市が取り組んできた「木育」が文化としてこの地に根付き、また地方創生に向けた効果を今後も継続的に発揮していくことを目的に 、氷見市海浜植物園に木育拠点を整備するもの。氷見市海浜植物園のエントランス、メインホール及び展示ホールの内装木質化リニューアル工事設計等を実施するため、公募方式により、優れた技術力や知識を持った提案者を業務委託契約候補者として選定することを目的とするものである。

業務概要

1.業務名(カッコ内は消費税及び地方消費税相当額を含む見積限度額)

以下、3つの業務委託について、一括して提案を公募する。

(1)氷見市海浜植物園内装木質化リニューアル工事設計業務委託 (2,613,600円)

(2)氷見市海浜植物園木製什器制作業務委託 (2,000,000円)

(3)氷見市海浜植物園木製玩具制作業務委託 (10,000,000円)

(合計 14,613,600円)

2.業務内容

別紙「氷見市海浜植物園内装木質化リニューアル工事設計等業務委託要求水準書」のとおり

3.業務期間

ア 1-(1)については、契約締結の日から2020年8月31日(月曜日)まで

イ 1-(2)及び(3)については、契約締結の日から2021年3月26日(金曜日)まで

4.その他

本業務の委託契約者に対し、別途、内装木質化の工事監理業務を委託する予定である。

プロポーザル参加資格

プロポーザルに参加するための必要な資格及び要件は、次のとおりとする。

1.氷見市契約規則第3条に規定する入札参加資格者名簿に登録された者であること。

未登録の場合は、参加申請とともに入札参加資格申請を行うこと。

2.地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。

3.氷見市競争入札参加資格者指名停止期間中の者でないこと。

4.建築士法(昭和25年法律第202号)第33条第1項の規定により登録を受けた一級建築士事務所で、富山県内に主たる営業所を有する者とする。ここでの主たる営業所とは、一級建築士事務所を営む営業所を統括し、指揮監督する権限を有する1か所の営業所をいう。ただし、登記上(名目上)の本社、本店であっても、その実態を有しないものは該当しないものとする。従って、富山県内を拠点とできるかどうかだけでなく、本社や本店機能を持つ営業所を富山県内に有していることが必要となる。

5.富山県外の事業者を含めた共同体での参加を認める。ただし、本社や本店機能を持つ営業所を富山県内に有する事業者が、共同体の代表となること。

6.共同体を構成する企業のうち少なくとも一事業者は、本施設と同規模の内装木質化及び木製什器、玩具の一体整備を手掛けた実績を有し、1-(1)、(2)、(3)全ての業務を請け負える者であること。

7.共同体を構成する事業者毎に、それぞれ上記1~3の条件を満たす必要がある。本プロポーザルに参加を検討し、氷見市の入札参加資格を有していない場合は、応募と並行して入札参加資格の登録を行うこと。

実施要領等に対する質問の回答

氷見市海浜植物園内装木質化リニューアル工事設計等業務委託公募型プロポーザル選定委員会の選定結果について

氷見市海浜植物園内装木質化リニューアル工事設計等業務委託公募型プロポーザル選定委員会を5月18日に実施した結果、次のとおりとなりました。

この記事に関するお問い合わせ先

花みどり推進室

郵便番号:935-0031
富山県氷見市柳田3583
電話番号:0766-91-7117 ファックス番号:0766-91-4567
メールでのお問い合わせはこちら