本文

平成30年度からの組織・機構再編について

更新日:2018年3月30日このページを印刷する

見直しの視点及び概要

  平成30年度からスタートする第8次氷見市総合計画後期基本計画にあわせて、本計画を着実に実行できる体制とするため、次のとおり組織・機構の見直しを行います。

(1)部の再編

  本市にとって喫緊の課題である人口減少や、少子高齢化への対応を図るため、以下のとおり産業振興部の創設などの部の再編を行います。

  (1)企画政策部の創設

  (2)まちづくり推進部の廃止

  (3)産業振興部の創設

  (4)建設部の設置

(2)課(室)・班等の再編

  子どもを安心して生み育てることができるよう支援体制を強化するために「子育て世代包括支援センター」を新たに設置するほか、組織力の強化のため、以下の再編を行います。

   (1)企画秘書課の設置

   (2)広報情報課の創設

   (3)地域振興課の設置(班から課への昇格)

   (4)スポーツ振興課の設置(室から課への昇格)

   (5)地域防災課の設置(室から課へ昇格)

   (6)子育て世代包括支援センターの創設

   (7)商工観光課の創設

   (8)ふるさと整備課の設置(班から課へ昇格)

   (9)道路課の設置

   (10)都市計画課の再編

(3)その他

  公共施設の再編に向けた公共施設管理業務の集約化など、より市民に分かりやすく、効率的で、実行力のある組織とするため、以下の見直しを行います。

   (1)所掌事務の移管

   (2)担当の分割

   (3)名称変更

 

改正後の部課等の数

 (1)市長部局 (増減:課+3、室△3、班△2、担当+2)

     平成29年5月(現行)   ⇒   平成30年4月(改正案)  

   5部17課6室4班47担当   ⇒  5部20課3室2班49担当

 (2)教育委員会事務局 (増減:課+1)

     平成29年5月(現行)   ⇒   平成30年4月(改正案)  

      2課4担当        ⇒     3課4担当      

 

添付資料

 

H30年度 組織・機構再編 [PDFファイル/237.87キロバイト]
H30年度 組織・機構再編(組織図) [PDFファイル/260.42キロバイト]

 

このページについてのお問い合わせ

[ 組織働き方改革担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8033 Fax:0766(74)4004 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。