本文

氷見市の健全化判断比率及び公営企業資金不足比率について

更新日:2017年9月26日このページを印刷する

 地方公共団体の財政の健全化に関する法律の規定に基づき、平成28年度決算における健全化判断比率及び公営企業の資金不足比率が平成29年9月議会定例会で報告されましたので、公表いたします。

 なお、各指標の算定方法及びその基礎となった数値などについては、10月公表予定の「平成28年度財政概況」で詳しく解説いたします。

  〇実質公債費比率とは
 財政健全化判断基準のひとつで、実質的な公債費(借金の返済額)が財政に及ぼす負担を表す指標です。
 公債費や公営企業債に対する繰出金などの公債費に準ずるものを含めた実質的な公債費相当額に充当された一般財源の標準財政規模に対する比率です。通常、3ヵ年平均値で算定し、18%以上の団体は、地方債の発行に国県の許可が必要となります。
 〇将来負担比率とは
 財政健全化判断基準のひとつで、市債などの将来負担すべき実質的な負債残高(借金の総額)が財政に及ぼす負担を表す指標です。
 市債残高や公営企業債のうち一般会計が将来負担することとなるものなどを含めた実質的な債務総額の標準財政規模に対する比率です。この比率が高いと将来財政が圧迫される可能性が高くなります。

 

 氷見市の平成28年度決算における健全化判断比率について

 健全化判断
 比率
 実質赤字
 比率
 連結実質赤字
 比率
 実質公債費
 比率
 将来負担
 比率
  氷見市の数値      11.5    87.8
 早期健全化基準  12.95  17.95  25.0  350.0
 財 政 再 生 基 準  20.00  30.00  35.0  該当なし

 備考 氷見市においては実質赤字額及び連結実質赤字額は発生しておりません。

 

 

 氷見市の平成28年度決算における公営企業の資金不足比率について

 特別会計の名称  氷見市の資金不足比率  経営健全化基準
  氷 見 市 水 道 事 業 会 計  -

 

 20.00

  氷 見 市 病 院 事 業 会 計  -
  氷 見 市 下 水 道 特 別 会 計  -

 備考 氷見市においては資金不足比率は発生しておりません。

 

 

 氷見市の実質公債費比率及び将来負担比率の推移について

氷見市の実質公債費比率及び将来負担比率の推移 [PDFファイル/112.50キロバイト]

このページについてのお問い合わせ

[ 財政担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8015 Fax:0766(74)4004 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。