本文

秋のクマに注意!

更新日:2016年8月1日このページを印刷する

秋は、クマがこれからの冬眠に備え、食べ物を求めて活発に行動します。

これからの季節は、クマの活動が活発になることから、次のことに注意してください。

 

クマに遭遇しないために

◆クマが活発に行動する朝夕は山中に入らない。

◆山中に入るときはグループで行動し、クマに人の気配を伝える。

◆自分の存在を知らせるために、鈴やラジオで音を出すようにする。

◆クマを寄せ付けないために、柿、りんご、ぶどうなどのクマが好む果物を適切に収穫処理し、野菜なども未収穫のものや残渣を畑に残さない。

 

クマに遭遇してしまったら

◆子グマを見たらそっと立ち去る。(近くに親グマがいます。)

◆大声を出したり、ものをなげつけたりするとクマが興奮する場合があるため、クマから目を離さないようにして、ゆっくりと後退する。

◆クマは、逃げるものを追う習性があるといわれているため、走ったり背中を見せて逃げないでください。

◆クマが襲ってきた場合には、頭部や首などの急所を守る。

◆クマとの遭遇に備えて、ヘルメットの着用やクマ撃退スプレーを携帯する。

 

クマを目撃した場合や痕跡を発見した場合は、農林畜産課(74-8086)に連絡してください。

このページについてのお問い合わせ

[ 農業畜産・いのしし等担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8086 Fax:0766(74)1447 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。