本文

ディスポーザの設置について

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

ディスポーザ(生ごみ破砕機)とは

台所から出る野菜くずや魚の骨などの生ごみを細かく砕いて、水といっしょに下水道管へ流し出す装置です。    

ディスポーザ単体での設置はできません。  

ディスポーザ単体での使用は、以下の理由により氷見市では認めていません。

  • 下水管にとって流れにくい生ごみが投入されることで、下水管路が詰まったり中継排水ポンプが故障する原因になる場合があります。また、管内にて詰まった生ごみの腐敗により、悪臭の発生や管路が腐食する可能性があります。  
  • 生ごみが通常の汚水とともに流れることにより下水処理場の処理負担が格段に増大するため、周辺水域の水質悪化を招く恐れがあります。

    

ディスポーザ排水処理システムの設置について

氷見市では、ディスポーザに排水処理装置※ が付加された「ディスポーザ排水処理システム」の使用を認めています。

ただし、(社)日本下水道協会が作成した「下水道のためのディスポーザ排水処理システム性能基準(案)」(平成16年3月)に適合するものに限ります。

また、設置の際には事前に市上下水道課へ届出を行い、維持管理が適切に行われるかの確認が必要となります。

※ディスポーザを介して流れてきた汚水を通常の台所排水並にきれいにし、処理した水を下水道管へ送る装置です。 (生物処理タイプと機械処理タイプがあります。)

このページについてのお問い合わせ

[ 上下水道課 ]
〒935-0042 富山県氷見市湖光226-1  Tel:0766(74)8206 Fax:0766(74)8351 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。