本文

下水道とは?

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

 下水道がはじめて現れたのは今からおよそ4500年前、古代インドの 都市「モヘンジョ・ダロ」の排水溝だといわれています。19世紀までの人々 にとって、下水道とは「雨水や生活排水を速やかに川や海へ流す」ための 施設でした。その後、下水をきれいな水に処理する方法が開発されると、 下水道は「下水をきれいな水に戻し、川や海をよごさないようにする」ため の施設へと進化していきました。   

  それでは、下水道とは一体なにか、見ていきましょう。

下水道の役割

 (1)街が清潔になります。  

清潔な景色

 私たちの家や工場から出た汚れた水が住宅のまわりにたまると、悪臭がしたり、ハエやカなどが発生したり、感染症の原因にもなります。

 下水道ができれば、汚れた水がたまらなくなるので、快適で衛生的な生活ができるようになります。  

  

 

 

 

(2)トイレが水洗になります。 

水洗トイレ

  くみとり式トイレにし尿(しにょう:大便や小便のこと)をためておくことは、悪臭の原因となり衛生的ではありません。また、トイレのくみとりをするときにも、悪臭がします。これらの問題を一度に解決するのが下水道です。

 下水道を整備し、トイレを水洗化することによって、し尿は他の汚れた水と一緒に運ばれて下水処理場できれいな水に生まれ変わります。      

 

 

 

 

きれいなけしき

(3)川や海がきれいになります。

  汚れた水をそのまま流すと、その水で川や海がどんどん汚れていき、赤潮などの現象を引き起こす原因となります。それによって魚などの生き物がたくさん死ぬことになります。

  下水道は、汚れた水を下水道管に集め運び、下水処理場できれいにするので、川や海の水をきれいにすることに大変役立っています。

 

 

下水道の仕組み

 下水道は、大きく分けると次のような仕組みになっています。 

 

0440-091013-101

(1)排水設備     

  排水設備は、汚水(家庭生活でで使ったあとのよごれた水)を下水処理場まで送るための出発点で、個人が敷地内に設置するものです。維持管理は個人が行います。

  公共下水道の管工事が完了しますと、供用開始の告示があります。そして排水設備を市で設置した公共ますに接続する際には、市に対して排水設備設置の計画確認申請を行う必要があります。  公共ますへの接続は、台所・洗濯・風呂・トイレなど全ての排水設備をもれなく接続しなければなりません。

  なお、これらの手続きなどの詳細や工事の助成金などについては、市の上下水道課(0766-74-8207)まで気軽におたずね下さい。

0440-091013-102
1  汚水ます
2  公共ます
3  マンホール
4  汚水管(埋設) 
5  トイレ
6  おふろ
7  台所
8  雨水排水溝 
 排 水 設 備 の よ う す(CG素材:ツクール2000素材提供ページより)

 

(2)下水道管      

0440-091013-103

 下水道管は、道路の下などにうめられていて、下水を処理場まで運ぶ役目をしています。下水道管には、掃除や検査、修理をするためのマンホールが所々に設けられています。下水を運ぶ方式として、合流式と分流式の2種類があります。合流式とは、汚水と雨水を同じ管で運ぶ方式です。分流式は、汚水と雨水をそれぞれ別の管で運ぶ方式で、汚水は処理場まで運ばれきれいな水に処理されますが、雨水はそのまま川などに放流されます。

   なお、氷見市では分流式で下水を処理しています。公共ますに排水設備を接続する際、雨水を公共ますに接続しないようお願いします。  

  氷見市指定下水道用マンホール蓋(カラー蓋)

 

(3)ポンプ場      

0440-091013-104

   一般に下水道管は設置の際、ある程度の勾配(こうばい:かたむきのこと)をつけて埋められており、下水が自然に流れて処理場へ運ばれるしくみになっています。しかしこの方法では、地形によっては下水道管をうめる位置が深くなり、工事の費用が高くなるばかりか維持管理も不便になります。

 そこで、ポンプ場を設けて下水を再び浅いところまでくみ上げ、下水を高いところから再び自然に流すしくみになっております。このように、ポンプ場を設けることでどのような地形に対しても下水がすみやかに流れるようにできるのです。

 氷見市第一揚水機場(中継ポンプ場)

 

(4)下水処理場    

0440-091013-105

  下水処理場は、下水をきれいな水にして海や川へもどすための施設です。

  日本にある処理場の多くが、目に見えないほどの小さな生物(微生物)を使って下水のよごれを取り除く処理方法(活性汚泥法)をとっています。氷見市の処理場(環境浄化センター)もこの方法で処理しています。

 

 

 

 

   氷見市環境浄化センター(処理場)  

このページについてのお問い合わせ

[ 上下水道課 ]
〒935-0042 富山県氷見市湖光226-1  Tel:0766(74)8206 Fax:0766(74)8351 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。