本文

保険料の免除

更新日:2016年7月1日このページを印刷する

保険料の免除について

所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。

(1) 法定免除

生活保護法による生活扶助を受けている方、障害基礎年金または被用者年金の障害年金(1級・2級)を受けている方は、この状態が続く間、保険料が免除されます。 なお、法定免除に該当する方は、届出が必要です。

(2) 申請免除

本人、配偶者、世帯主の前年所得が一定額以下の場合に、申請をして承認されると保険料の納付が免除されます。

(3) 納付猶予制度

50歳未満の方で、本人、配偶者の前年所得が一定額以下の場合に申請をして承認されると、保険料の納付が猶予されます。

 ※平成28年7月より納付猶予制度の対象年齢を50歳未満に拡大

(4) 学生納付特例制度

学生については、本人が一定所得以下の場合に、申請をして承認されると在学中の保険料納付が猶予されます。

国民年金に関する詳しい内容は

日本年金機構のホームページ別ウィンドウで開きます でご確認ください。

このページについてのお問い合わせ

[ 医療保険・年金担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8061 Fax:0766(72)8060 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。