本文

後期高齢者医療制度のしくみ

更新日:2017年4月1日このページを印刷する

概要・内容

後期高齢者医療制度は、75歳以上の方々の医療を国民みんなで支えるしくみです。医療にかかる費用のうち、窓口負担を除く分を公費(5割)、現役世代(75歳未満の方)からの支援金(4割)、被保険者の方の保険料によって負担しています。

 

制度の実施・運営

  1. 富山県内すべての市町村が加入する「 富山県後期高齢者医療広域連合別ウィンドウで開きます 」が制度の実施・運営を行います。
  2. 役割分担
    • 広域連合 → 保険給付、保険料率の決定・賦課、被保険者の資格管理
    • 市町村  → 保険料の徴収、窓口業務(届出・申請受付等)

 対象者・保険料・窓口自己負担割合

1 対象者(被保険者)

      ● 75歳以上の人

      ● 65歳以上75歳未満で、一定の障害のある人 (認定には申請が必要です)

 

2 保険料の負担

      後期高齢者医療制度では、保険料を被保険者一人ひとりに納めていただきます。 

 

3 一部負担金(窓口負担)の割合

      一般の方は1割、現役並み所得者は3割  (前年所得により、毎年8月1日に見直されます。)

           ※ 現役並み所得者・・・同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者がいる世帯の人。

 

4 被保険者証

  • 被保険者証は、一人に1枚ずつ交付されます。
  • 毎年8月1日付で更新します。 7月後半頃、個別に簡易書留で郵送されます。
  • 届きましたら、すぐに記載内容に間違いがないかご確認ください。
  • 病院等で診療を受ける際には、必ず提示してください。
  • 他人との貸し借りはできません。法律により罰せられます。
  • 勝手に書き直すと無効になります。
    ※住所や氏名が変わられた際は、新しいものを交付いたします。変更前の被保険者証は、市役所の市民課または後期高齢者医療広域連合に返却してください。
  • 常に手元に保管してください。コピーした被保険者証は使えません。

このページについてのお問い合わせ

[ 医療保険・年金担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8061 Fax:0766(72)8060 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。