本文

退職者医療制度

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

概要・内容

平成26年度までに会社などを退職して国保に加入し、年金(厚生年金)を受けられる65歳未満の人とその家族(被扶養者)は、「退職者医療制度」で医療を受けます。

 

対象者

会社などを退職し、厚生年金・船員年金・共済年金の老齢(退職)年金を受給されている方とその扶養家族 

  •  退職本人・・・厚生年金や共済年金の老齢(退職)年金を受給されており、その加入期間が20年以上又は40歳以上で10年以上ある方  
  •  退職扶養・・・退職本人と同じ世帯の国民健康保険加入者のうち、配偶者及び3親等内の親族。ただし、年収が130万円まで(60歳以上、又は障害をお持ち の方は180万円まで)の方

該当は、65歳未満の方となります。 

 手続きに必要なもの

  • 年金証書
  • 印鑑
  • 新規に国民健康保険に加入する方は、職場の保険の資格喪失がわかるもの
  • すでに国民健康保険に加入されている方は、国民健康保険証

参考

会社を退職直後に健康保険に加入する場合 、以下から選択できます。 保険料等の条件や加入できるかどうかなどは本人が調査決定してください。

  • 社会保険等会社の保険を任意継続して加入
  • 国民健康保健に加入
  • 家族が加入している社会保険等会社の健康保険の被扶養者として加入

 

医療を受けるとき

 医療機関の窓口へ「国民健康保険退職者被保険者証」を提出してください。

 医療費等の患者負担割合は、他の被保険者証と変わりありません。

このページについてのお問い合わせ

[ 医療保険・年金担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8061 Fax:0766(72)8060 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。