本文

子育て世帯のための就業規則の整備を助成します

更新日:2017年4月10日このページを印刷する

 仕事と家庭の両立支援や、子育て世帯が働きやすい職場づくりを進めるには、就業規則の整備が必要不可欠です。

 氷見市では、子育て世帯が仕事と育児を両立しやすい職場環境づくりを支援するため、就業規則を整備される市内の事業所に助成金を支給します。

 

 (申請期間) 平成29年5月1日(月曜日) ~ 平成29年12月28日(木曜日)

  ※本助成の申請について、事前相談を受け付けています。下記までお問い合わせください。

 

 

 助成概要

 (助成対象要件)

  助成の対象となる企業は、次の要件をすべて満たしていること

  1. 市内に事業所を有し、常時雇用する労働者(雇用保険被保険者 )数が5人以上であること
  2. 過去5年間に法令違反により罰則を受けていないこと。また、法令違反等の状況が解消されてから5年が経過していること
  3. 企業及び代表者の市税の未納付がないこと
  4.  風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律第2条第1項に規定する風俗営業、同条第5項に規定する性風俗関連特殊営業、同条第11項に規定する接客業務受託営業およびこれに類する事業を行っていないこと
  5.  暴力団員等、暴力団および法人その他の団体の代表者、役員または使用人その他の従業員もしくは構成員が暴力団員等に該当する者ではないこと
  6. 就業環境改善に積極的で、就業規則の整備後にその効果を上げることに意欲的であること

 

 (助成対象となる就業規則整備)

  育児休業、介護休業等育児または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(平成3年法律第76号)を上回る内容の就業規則の新規策定もしくは規則改定(一部含む)

 

 (対象となる経費、助成率など)

  1. 助成金交付の対象となる経費は、所轄の労働基準監督署長に届け出るまでにかかる費用(コンサルタント料・事務代行料)とする。
  2. 助成率:2分の1 (ただし、算出した助成金額に千円未満の端数がある場合は、これを切り捨てとする)
  3. 助成金交付限度額:一助成対象事業者に対し、10万円
  4. 助成金の交付を受けられる事業所数は、交付申請の先着順で1年度につき3事業所までとする。

 

 

 申請・実績報告の手順

 1.助成金の交付の申請

 就業規則の整備をしようとし、助成金の交付の申請をする企業は、次に掲げる書類等を提出してください。

交付申請書(様式1-1) [Wordファイル/21.87キロバイト]
誓約書(様式1-2) [Wordファイル/16.29キロバイト]
 改定前の就業規則(表紙に労働基準監督署の届出印のあるもの)
 会社案内または会社概要(ホームページの写しなど)
 申請日から直近3カ月分の賃金台帳(労働基準法施行規則第54条に基づき労働日数・労働時間数・残業時間数等が記載されているもので、労働者5名分)
 雇用保険被保険者資格取得等確認通知書(事業主通知用。(3)と同じ労働者5名分)の写し
 給与の口座振込明細または給与の支払いを確認できるものを過去3カ月分((3)と同じ労働者5名分)の写し

 2.実績報告

 就業規則の整備が完了し、助成金の交付を受けようとする企業は、次に掲げる書類等を提出してください。

実績報告書 (様式2-1) [Wordファイル/23.54キロバイト]
 改定後の就業規則(表紙に労働基準監督署の届出印のあるもの)
 請求書
 領収書 (就業規則の整備のために、金銭の収受を行ったことの詳細(契約・コンサルタント内容や業務委託期間、単価、金額等)が具体的に確認可能な内容のもの)
 

 3.効果の報告

 助成金の交付を受けた企業は、翌年度末までに就業規則の整備後の効果等を報告してください。

就業規則の整備後の効果報告書(様式3) [Wordファイル/16.81キロバイト]

このページについてのお問い合わせ

[ 子育て応援担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8117 Fax:0766(30)2913 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。