本文

出産育児一時金

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

概要・内容

国民健康保険に加入している方が出産したときは、出産育児一時金を支給します。

出産育児一時金は、原則として直接支払制度によりお支払いします。なお、受取代理制度や直接支払制度に対応していない医療機関などで出産された場合でも、出産費用を医療機関などに支払った後に申請することにより、出産育児一時金の支給を受けることができます。

 

直接支払制度

直接支払制度は、出産された被保険者の方に代わって、氷見市が医療機関などに直接出産育児一時金(上限42万円)を支払う制度です。そのため、医療機関での出産費用のお支払いが不要となります。

なお、出産費用が42万円を超えた場合は超過分のみ自己負担となります。

利用方法

出産予定の医療機関等へ直接お申し込みください。

 

 出産育児一時金の請求

 次の場合は、出産育児一時金を請求できますので、市民課で申請手続きをしてください。 

  1、直接支払制度を利用されなかった場合

出産育児一時金の上限額が支給されます。

  2、直接支払い制度を利用したが、出産費用が出産育児一時金の上限に達していない場合

上限額との差額が支給されます。

申請に必要なもの

  • 出産した人の保険証
  • 母子健康手帳
  • 請求者(世帯主)の印鑑と振込先のわかるもの(金融機関の通帳等)
  • 出産費用の領収書
  • 医療機関等から交付される代理契約に関する書類(直接支払制度を利用した場合)

このページについてのお問い合わせ

[ 医療保険・年金担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8061 Fax:0766(72)8060 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。