本文

おらっちゃ広報始まりました!

更新日:2016年12月7日このページを印刷する

氷見の未来を共に創る、「人」「プロジェクト」との出逢いの場。「おらっちゃ広報」が目指すもの

 

棚田

 

知ることからはじまる、共創のストーリーづくり

氷見には、日々の営みにちょっとした創意を加えて、仕事や暮らしをより豊かなものにしたり、仲間たちを巻き込みながら笑顔を増やしたりしている人たちが、たくさんいます。

しかし、そういったチャレンジを続けていく中で、時には、壁にぶつかることもあるはずです。

あるいは、何か新しいことを始めてみたい、何か楽しいことを見つけたいと思ってはいるものの、まだ、その“何か”と出会えていないという人も、きっといることでしょう。

そもそも、氷見で起きている「何か新しいこと」なんて全然知らない、という人だっているかもしれません。

 

この「おらっちゃ広報」では、そういった人たち一人ひとりが、それぞれの立場で自分の「これまで」や「これから」を考え、自分自身や地域社会の明るく楽しい未来図を主体的に描いていけるように、次のような役割を果たしていくことを目指します。

 

■「おらっちゃ広報」の役割

(1)氷見で、地域の未来に向き合いながら、新たな試みに取り組む“人”や“プロジェクト”を紹介し、その活動をまずは知っていただく。[認知]

(2)その活動に興味を持っていただく、意義・ワクワクを感じていただく。[共感]

(3)その活動への応援・参画の仕方を提示する。[応援]

 

「不特定多数の人(群衆=crowd)」に向け、「資金調達(funding)」の協力を募る「クラウドファンディング(Crowd Funding)」というものがありますが、

「おらっちゃ広報」は、「顔の見える/つながりを身近に感じられる方がた(氷見市民の皆さまや氷見に関心を寄せてくれそうな方など)」に向け、「共感・応援・参画」を募っていく、「ローカルファインディング(Local Finding)」の場でありたいと考えています。

※すでに一歩踏み出したくなったあなたへ

「おらっちゃ創生」ちゃ、知っとるけ?

自分ごと世の中ごとみんなごと

「おらっちゃ創生」は、市民一人ひとり、各地域、各種団体が、氷見の未来に真剣に向き合いながら、ともに考え、自ら行動し、自分たちの夢を形にしていくための「みんなの社会運動」です。氷見市は、「おらっちゃ」(=市民一人ひとり)が、それぞれの立場で今までの活動をとらえ直し、未来に貢献できる具体的な方法を問いかけ、考え、行動していくことが、このまちの地方創生につながると考えています。

「おらっちゃ広報」は、この考えを踏まえ、氷見で芽吹きつつある「みんなの社会運動」を後押しするために始まりました。

(参考リンク)

・氷見の未来を描いたビジョン!「 氷見市人口ビジョン

・ビジョンに向かって進むための道しるべ「 氷見市まち・ひと・しごと創生総合戦略

わたしたちがお届けします

じこしょうかい

浅見ようたろう(東京都出身)、裕子(富山県出身)

東京で忙しなく暮らしていく中で、本当の豊かさと、楽しい未来のヒントは地方にある!と確信を強めたふたりが出会い、偶然やご縁が重なって氷見にやってきました。いま、氷見のあちこちで起こりはじめている、市民による自発的な「コト起こし」。そういった、まちの明るい未来を描く活動の、ちいさな芽吹き一つひとつを、たいせつに伝えていけたらと思っています。

※より詳しくはこちらへ!

記事一覧

   
お料理教室

おらっちゃ広報vol.3

【レポート】「食」を通して「生きる」を伝える 〜キトキトごはん氷見のお料理道場〜

第2回記事

おらっちゃ広報vol.2

【レポート】氷見の藁と手仕事が、東京の年末年始を飾る

おらっちゃ広報vol.1 ご縁と恵みに感謝して、分かち合う時間。〜「むすびの会」感謝祭参加レポート

おらっちゃ広報vol.1

【レポート】ご縁と恵みに感謝して、分かち合う時間 〜「むすびの会」感謝祭〜

アクション  一歩踏み出したくなったあなたへ

  おらっちゃ創生支援事業補助金

  魚食版おらっちゃ創生(魚食文化リーディングプロジェクト)

このページについてのお問い合わせ

[ 政策推進担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8011 Fax:0766(74)8255 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。