本文

雲南市の住民自治に学ぶ小規模多機能自治勉強会

更新日:2016年3月7日このページを印刷する

「本市において、なぜ地域と行政の協働推進が必要か」

平成27年12月16日(水曜日)、17日(木曜日)小規模多機能自治勉強会を開催しました。

参加者からは「子どもから高齢者まで一体的に動くことが大切だと感じた」などの感想がありました。

講師:I I H O E[人と組織と地球のための国際研究所]代表者 川北 秀人 氏

「自治を回復し、まち・むらの課題を、まち・むらの力で解決するためにから協働と総働の基礎を再確認するから」

日時  平成27年12月16日(水曜日) 午後1時から午後5時

場所 氷見市ふれあいスポーツセンター

対象 自治基本条例検討委員、自治振興委員、地域づくり協議会役員、地域担当職員、一般参加者 

川北16.1

 

「協働2.0 『総働』と『小規模多機能自治』で地域とくらしを守るために」

日時 平成27年12月17日(木曜日) 午前9時30分から正午

場所 氷見市役所201災害対策室 

対象 市職員(総括級以上)

小規模多機能自治勉強会③

このページについてのお問い合わせ

[ 地域協働推進班 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8013 Fax:0766(74)8255 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。