本文

市庁舎に植栽の寄付をいただきました

更新日:2017年5月18日このページを印刷する

植栽の寄付の様子

 5月18日(木曜日)、氷見市造園土木協会から市に、市の花木である「つつじ」175本と“幸せを呼ぶ”といわれる「おたふくなんてん」280本の寄付をいただきました。

 

 孫田幸政会長は「市庁舎を花で飾り、来庁者を和ませたい。」と挨拶され、「おたふくなんてん」は常緑樹でありながら秋に紅葉することから、「つつじの緑とおたふくなんてんの赤が上手に混ざり、氷見市の発展につながれば」との願いも込めての寄付であるとの説明をいただきました。

 

 林市長は「ちょうどこの一角がさびしいと思っていた矢先の申し出で、ありがたい。市庁舎が明るくなり、市民に愛でてもらうことができる。花の成長とともに職員と一緒に成長していきたい。」と、お礼を述べました。

 

 市役所にお越しの際には、ぜひこの花木をご覧ください!

 

フォトギャラリー

植栽の寄付の様子2
植栽の寄付の様子3
植栽の寄付の様子4

このページについてのお問い合わせ

[ 広報広聴担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8012 Fax:0766(74)0692 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。