本文

氷見クッキングスマイル 冬の土産土法料理

更新日:2017年2月22日このページを印刷する

氷見クッキングスマイル

 

市内の飲食店グループ「氷見クッキングスマイル」(水口秀治会長)が2月14日、氷見産の食材にこだわって考案した「冬の土産土法料理※」の試食会を行いました。これは、市の「おらっちゃ創生支援事業」の提案会にて、氷見の食材を活用した料理の開発を発表され、その活動の一環として行ったものです。開発した料理は冬の旬の素材であるアンコウとマダラ、ズワイガニの身を中心とし、他にアンコウの肝やマダラの白子、ズワイガニのミソも一緒に盛り込んで素材を余すことなく使われています。今後、一般の方にも試食会を実施するとのことです。

※土産土法料理・・・その土地のその季節にとれるものを、その土地に伝わる調理法で料理して、食べることを”土産土法”と言います。このことは旬のものを旬のまま美味しく食べるということであり、日本では昔からその土地の地形、気候、風土にあった食材が生産され、その土地の郷土料理として親しまれてきました。

関連記事

夏の土産土法料理

秋の土産土法料理

おらっちゃ創生支援事業別ウィンドウで開きます  

このページについてのお問い合わせ

[ 広報広聴担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8012 Fax:0766(74)0692 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。