本文

【レポート】デンマークの女子ハンドボールチーム「SKオーフス」が氷見で合宿

更新日:2016年8月1日このページを印刷する

 

「SKオーフス」の氷見での合宿の様子

7月29日から8月2日まで、デンマークの女子ハンドボールチーム「SK オーフス」が氷見市で合宿を行いました。デンマークはハンドボールの発祥の地で、「SKオーフス」はプロ一部リーグに加盟する強豪チームです。  

今回の合宿は、当初は熊本県で予定されていましたが、北信越ハンドボール協会が受け入れることになりました。 7月25日から28日まで福井県・石川県で練習した後、氷見市を訪れました。  

氷見市は4年後の2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会でヨーロッパのハンドボールチーム事前合宿誘致を目指していることから、今回訪れたデンマークのチームと積極的に情報交換を行い、交流を深めました。 「SKオーフス」のメンバーは合宿期間中、ふれあいスポーツセンターで県内のハンドボールチームとの合同練習や小・中学生対象の指導を行ったり、市内を観光したりして過ごしました。

氷見流おもてなし

氷見流おもてなし

ひみ番屋街で歓迎レセプションが行われ、夕食のメニューには、うどんや地酒など氷見らしいものが並びました。氷見有磯太鼓保存会や「アランマーレ」の選手の皆さんと一緒に太鼓を叩いて、大いに盛り上がりました。

茶道館でお抹茶を体験しました。

遊覧船に乗って海から氷見の風景を眺めた後、ひみ漁業交流館 魚々座で、定置網や漁具など氷見の漁村文化を体感しました。昼食は氷見牛入りの氷見カレーでした。

世界レベルを体感! 強化練習会

世界レベルを体感! 強化練習会

実業団の「アランマーレ」、富山国際大学、氷見高校女子ハンドボール部が「SK オーフス」と合同練習を行い、4対4の実戦形式のメニューや15 分間のミニゲームなどをこなしました。

市内のハンドボールクラブの子どもたちら多くの見学者も訪れました。

U15ハンドボールクリニック

U15ハンドボールクリニック

午前中は、氷見市ほか県内の10チームの小学生を対象に、「SKオーフス」の監督や選手が指導を行いました。休憩中も、積極的に選手とコミュニケーションをとろうとする子どもたちの姿が見られました。

監督が最後に日本語で「よくできました」と呼びかけると、小学生たちはデンマーク語で「Mange tak!(どうもありがとうございました)」と元気に挨拶していました。

午後からは、氷見市の北部中学校、南部中学校をはじめ、県内の7チームが参加して、質の高い指導を受けることができました。

このページについてのお問い合わせ

[ 広報広聴担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8012 Fax:0766(74)0692 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。