本文

【レポート】氷見のかわいいをプロデュース☆ハピキラFACTORY講演会

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

ハピキラ

「地方×女の子」ビジネスの第一人者として、「かわいい」を入口に地方を元気にしている(株)ハピキラFACTORY代表の正能茉優さんと山本峰華さんを招いて第6回氷見市まちづくりセミナーが海浜植物園で開かれ、参加者約30人が氷見の魅力的な商品開発につながるヒントを学びました。

セミナーでは、長野県小布施町の栗菓子をバレンタイン用にアレンジした「かのこっくり」や岐阜県関市の「10年使えるマイ包丁」など、「かわいい」の付加価値を加えたこれまでの商品開発について紹介がありました。

続いて、地元のモノをたくさんの人に知ってもらうためにどうしたらいいのか、プロデュース的視点を身につけることを目的にワークショップを実施しました。「祖母が孫に贈りたくなるみりん干し」をテーマに意見交換をしました。「おやつみりん干し」「いろいろな味が楽しめるように個包装にする」「みりん干しをパンに挟む」など、孫を喜ばせるためのアイデアが次々と出されました。

若い女性起業家からの分かりやすい説明を聞きながら、普段できない商品開発を体験することができました。

フォトギャラリー

ハピキラ1
ハピキラ2

このページについてのお問い合わせ

[ 広報広聴担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8012 Fax:0766(74)0692 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。