本文

新文化施設基本計画案市民発表会

更新日:2017年2月21日このページを印刷する

2月19日 新文化施設基本計画案市民発表会を開催しました。

 新文化施設基本計画案の市民発表会を、いきいき元気館3階ホールで開催しました。

 はじめに、これまで行われた議論を踏まえた施設整備の方向性、ホールやキッズスペース等の公共施設とマルシェ等の民間施設の規模や機能、整備スケジュールなど基本計画案の概要説明を行いました。

概要説明3
概要説明2
 

 

  

 また、(一社)公民連携事業機構の清水義次氏から「新しい豊かな氷見暮らしを創るには」と題して、今回の新文化施設整備の重要な視点をお話しいただきました。

 人口が減り町の税収が減少する財政難と高齢者増加による財政支出の増大を背景に、公共施設整備に公民連携手法を取り入れた岩手県紫波町のオガールプロジェクトを例に、本市の新文化施設について、整備予定地は市の中心となり得る場所であり、市街地、市役所、氷見高校、市民病院を繋ぐハブとして、まちを再生していくプロジェクトの一つと位置づけることが重要であると指摘されました。

 さらに、市民の協力の元、民間主導の公民連携により、市内にある空き家や空き地などの遊休資産活用を図り、豊かな自然環境に恵まれた食文化や伝統文化、生活文化を大切に未来に引き継ぎながら新しい継続する産業を創り出すことで、都市課題を複合的に解決するためのプロジェクトとしていくことが大切だと話され、今回の新文化施設の整備をこのまちを変えるチャンスとするべきだと提案されました。

清水氏演説2
清水氏演説3
 

  

 休憩時間には、ロビーに設置された新文化施設のイメージ模型を囲みながら、参加者同士が意見を交わす場面もあり、市民の関心の高さが伺えました。

休憩1
休憩2
 

 

 途中、ムジカグラート氷見の間嶋祐未さん、上田真美さん、谷内博史さんによる木管三重奏が披露され、素敵な演奏に聞き入る一時がありました。

演奏2
演奏3
 

 

 

 デザイン会議トーク“氷見の新しい顔“では、「新しい豊かな氷見暮らしを創造しよう」をテーマに話し合いました。

 ランドスケープデザイナーの長谷川浩己氏からは、新文化施設の芝生広場について、氷見の中心を創出し、まちの顔とするために、人の集まる開かれた空間を創ることが大切であるとランドスケープの視点から空間の使い方について提案がありました。

 建築家の竹内昌義氏からは、四季を通じて快適でエネルギー効率の高い高断熱の建築について提案がありました。

長谷川氏2
竹内氏
 

  

 トーク後半は、市民会議参加者の平島正美さん、東海麻緒さん、ムジカグラート氷見の3名を交え、新文化施設基本計画案について対談しました。

 「自分の教え子たちが楽しいと思える場所、その場所で活躍したいと思える場所になってほしい。」「休憩スペースはいらないと思っていたが、旅行先で自分が木立ちやひさしで休んでいることに気づいた。」「最近、子どもたちが晴れの日でも家の中で遊んでいる事が多い。外で遊んでいろんな経験や発見ができる場所になればと思う。」「氷見の自慢の場所になってほしい。」「演奏の練習場所に困っているので、練習ができる場所になってほしい。」などのご意見をいただきました。

 また、「オガールができてから、市民活動が盛んになったのか。」「雪の降った日には、芝生広場をどのように使っているのか。」という質問もあり、「オガールができて10年。いろんな町民がいろんな活動を始めている。30代の女性でキッシュの専門店を開くという方も出てきた。農家の暮らし方も変わった。町に住んで、農場へ通勤するスタイルの方も出てきた。」「雪が降れば、オガールに入っている事業者が雪像を作り、雪祭りを行っている。雪が降らないときには、町役場の人が休み時間にキャッチボールをしている。」と回答がありました。

平島氏
間嶋氏
上田氏
上田氏
岡崎氏2

 

  対談の最後に、岡崎氏が「100のアイディアより、1つの覚悟。どれだけいろんなアイディアがあっても実行する人がいないと始まらない。なので、変わる覚悟を持っている人を是非応援して欲しい。」と締めくくりました。

 

 今後、さらに市民の皆様からご意見をいただきながら、新しい豊かな氷見暮らしの創造に資する新文化施設の整備を推進していきます。

 

配布資料

市民発表会次第 [PDFファイル/242.81キロバイト]
新文化施設基本計画案の概要 [PDFファイル/905.26キロバイト]
配置計画・空間イメージ [PDFファイル/4.70メガバイト]
建築計画図_1F [PDFファイル/1.36メガバイト]
建築計画図_2F [PDFファイル/928.36キロバイト]
建築計画図_断面図 [PDFファイル/2.37メガバイト]

このページについてのお問い合わせ

[ 芸術文化振興室 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8215 Fax:0766(74)8255 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。