本文

文化条例・文化振興マスタープラン策定委員会

更新日:2016年8月1日このページを印刷する

概要・内容 

 平成27年3月「氷見市民会館並びに文化行政のあり方に対する提言」において、文化政策を推進していくためには、一貫した拠り所となる条例の必要性が提言されました。

  本市において、市民の文化的人権を保障し、都市のアイデンティティを全国に向けて発信するという理念や行政上の位置付けを明確にする『文化条例』と行政、文化芸術団体、市民がどのように具体的な行動に取り組むのかを盛り込んだ『文化振興マスタープラン』を策定することとしました。

  つきましては、「文化条例・文化振興マスタープラン策定委員会」設け、「文化条例」と「文化振興マスタープラン」の策定に取り組みます。

 ○ 文化条例・文化振興マスタープラン策定委員会設置要綱 [PDFファイル/108.26キロバイト]

 ○ 文化条例・文化振興マスタープラン策定委員会委員名簿 [PDFファイル/124.56キロバイト]

 ○文化条例・文化振興マスタープラン策定委員会開催

  第1回 平成27年6月19日  金曜日 19:00から 氷見市庁舎201会議室

 第2回 平成27年7月22日  水曜日 19:00から 氷見市ふれあいスポーツセンター

 第3回 平成27年9月18日  金曜日 19:00から 氷見市庁舎201会議室

 第4回 平成27年10月17日 土曜日 19:00から 氷見市庁舎201会議室

 第5回 平成27年11月5日  木曜日 19:00から 氷見市庁舎201会議室

 第6回 平成27年12月3日  木曜日 19:00から 氷見市庁舎301会議室

 第7回 平成28年1月7日   木曜日 19:00から 氷見市ふれあいスポーツセンター

 第8回 平成28年2月1日   月曜日 19:00から 氷見市庁舎地域協働スペース3

 第9回 平成28年3月7月   月曜日 19:00から 氷見市庁舎201会議室

   

 添付ファイル

 

経過

 これまで9回の策定委員会を経て、本市における文化・芸術振興の基本となる条例案や計画の骨子がとりまとめられました。

 検討を進めてきた条例の前文案をご紹介します。この前文案には、「すべての人が、画家、音楽家、舞踏家等々であるということではなく、全ての人は”創造力”という能力を生まれながらに持っている。どのような分野でも、誰でもがこの能力を発揮でき、社会をより良く変えることができる。」という思想を込めています。

 市民の皆さまからのご意見をお寄せください。

 氷見市文化芸術振興条例(仮称)の前文(案)

 氷見は、豊かな自然とその海と大地の豊かな恵みに支えられ、越の国の中心のひとつとして、古くから人々の豊かな生活が営まれてきました。

 縄文時代の大境洞窟居跡や朝日貝塚、日本海側最大の前方後方墳である柳田布尾山古墳を始めとした史跡が数多く残され、万葉集にはその美しい情景が数多く詠まれてきました。なかでも、富山湾越しに望む立山連峰の雄姿は、私たち氷見市民の心のよりどころとなっています。

 悠久の流れの中、春秋の祭礼で人々がその情熱をほとばしらせる独特の獅子舞が伝承され、海洋資源にやさしい越中式定置網を生み出し、海からの恵みを大切にし、自然と調和した伝統的漁村文化や農村文化が育まれてきました。氷見鰯・寒鰤に代表される豊かな食に恵まれ、四季折々の伝統的行事や冠婚葬祭、日常生活におけるまで独特の食文化が受け継がれています。

 現在の日常生活の中でも稽古事や趣味を通して多様な文化芸術活動が盛んに行われています。また、近年、市民と芸術家が協働した活動が盛んに行われるなど、新たな取組みが芽生えています。

 文化芸術は、人々の創造性を育み、その表現力を高め、人々の心のつながりや相互に理解し尊重し合う土壌を培い、多様性を受け入れることのできる心豊かな社会を形成するものです。さらに、文化芸術それ自体が固有の意義と価値を有し、市民のよりどころとして重要な意味を持ち、都市化、国際化が進展する中、自己認識の基点となり、文化的な伝統を尊重する心を育くみます。

 私たちは、これまで培われてきた伝統芸能や食文化をはじめとする氷見の宝を未来へ継承しながら、世界とつながる魅力ある文化芸術を創造していくとともに、文化芸術の力を教育、福祉、まちづくり、観光・産業等の幅広い分野に活かしながら、多様な価値観を尊重し、精神的豊かさを享受できる成熟社会モデルを構築します。

 ここに、私たち氷見市民は、「人々の行う活動は、全てが芸術活動であり、全ての人は芸術家である。」という認識のもと、市民一人ひとりが創造力を発揮し、自ら考え、自ら決定し、自ら行動し、連帯してまちを創り上げていく市民を「創造市民」と定義し、「創造市民のまち氷見」を目指すことを決意し、この条例を制定します。

 

(以上)

 

 

このページについてのお問い合わせ

[ 芸術文化振興室 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8215 Fax:0766(74)8255 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。