本文

固定資産税 家屋について

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

 家屋評価のしくみ

  国の定める固定資産評価基準に基づき、次のとおり家屋の評価額が決定されます。
   1.仕上げの材料・状態、間取り等を調査します。
      ↓
   2.対象となる家屋と同一のものを評価の時点においてその場所に新築するものとした場合の建築費を
    固定資産評価基準の点数で計算します。これを「再建築費評点数」といいます。
      ↓
   3.経年減点補正率(家屋の建築後の経過年数による損耗の減価率)により補正します。
      ↓
   4.点数1点当たりの単価 木造0.99円、非木造1.10円を乗じます。
      ↓
   5.評価額決定
  式にすると、下記のとおりとなります。
   
    評価額 = 再建築費評点数 × 経年減点補正率 × 点数1点当たりの単価

 新築住宅に対する固定資産税の減額措置

  新築された住宅については、新築後一定期間の固定資産税額が2分の1に減額されます。

 1.要件
 (1)居住部分の割合が全体の2分の1以上であること
   (分譲マンション等の区分所有家屋の場合は専有部分ごとに判定します。)
 (2)居住部分の床面積が1戸当たり50m²(1戸建以外の貸家住宅は40m²)以上280m²以下であること

 2.減額される対象と範囲
 (1)対象
  居住部分のみ。
 (2)範囲
  上記の床面積要件を満たした住宅の居住部分の床面積120m²まで。

  3.減額期間

 一般の住宅(下記以外の住宅)  新築後3年度分
 3階建以上の中高層耐火住宅  新築後5年度分

 4.申告方法
  減額を受けようとする対象住宅の所有者は、申告書を提出してください。
  (通常は、新築住宅の家屋調査時に調査員が申告書を持参しますので、その際に記入していただきます。)

 長期優良住宅に対する固定資産税の減額措置

  新築された住宅については、新築後一定期間の固定資産税額が2分の1に減額されます。 

 1.要件
 (1)長期優良住宅の普及の促進に関する法律の規定により行政庁の認定を受けて新築された住宅であること。
 (2)新築の専用住宅または居住部分の床面積の割合が2分の1以上の併用住宅であること。
 (3)一定範囲の床面積であること。 
  50m²(一戸建以外の賃貸住宅にあっては40m²)以上280m²以下。
  ただし、分譲マンションなど区分所有建物においては、「専有部分の床面積+持ち分で按分した共有部分の床面積」で判定します。

 2.減額される対象と範囲
 (1)対象
  居住部分のみ。

 (2)範囲
  上記の床面積要件を満たした住宅の居住部分の床面積120m²まで。

 3.減額期間

 一般の住宅(下記以外の住宅)  新築後5年度分
 3階建以上の中高層耐火住宅  新築後7年度分

 

 4.申告方法
  減額を受けようとする対象住宅の所有者は、次の書類を添えて、税務課資産税担当まで申告してください。
   ・固定資産税減額申告書 
   ・長期優良住宅の普及に関する法律の規定により所管行政庁から通知された認定通知書の写し

 住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置

  昭和57年1月1日以前に建築された住宅については、次の要件を満たす耐震改修工事を行った場合、その住宅の固定資産税額(120m²相当分まで)が一定期間、減額されます。

 1.要件
 (1)平成18年1月1日から平成30年3月31日までの間に耐震改修が行われたものであること。
 (2)建築基準法に適合する耐震改修工事であること。
 (3)耐震改修の工事費が一戸あたり50万円超であること。

 2.減額内容
   耐震改修工事が完了した年の翌年度1年分に限り固定資産税が次のとおり減額されます。

   一戸あたり120m²分までの固定資産税が2分の1減額

 3.申告方法
  減額を受けようとする対象住宅の所有者は、次の書類を添えて、工事完了後3か月以内に税務課資産税担当まで申告してください。
  ・申告書(税務課資産税担当の窓口にございます。)
  ・領収書の写し
  ・工事明細書の写し(建築士、登録性能評価機関等による証明で代替可)
  ・耐震基準適合を証明する書類(地方税法施行規則附則第7条第6項の規定に基づく証明書の写し)

 住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置

  高齢の方、障害のある方等が居住する新築された日から10年以上経過した住宅(賃貸住宅は除く。)については、次の要件を満たす一定のバリアフリー改修工事を行った場合、その住宅の翌年度分の固定資産税額(100m²相当分まで)が減額されます。

 1.要件
 (1)平成19年4月1日から平成30年3月31日までの間に次のいずれかのバリアフリー改修が行われたものであること。
   ・廊下の拡幅
   ・階段の勾配の緩和
   ・浴室の改良
   ・トイレの改良
   ・手すりの取付け
   ・床の段差の解消
   ・引き戸への取替え
   ・床表面の滑り止め化
 (2)65歳以上の方、要介護認定または要支援認定を受けている方及び障害のある方が居住していること。
 (3)バリアフリー改修の工事費(補助金や介護保険からの給付を除いた自己負担分)が一戸あたり50万円超であること 。
 (4)改修後の住宅の床面積が50㎡以上であること。

 2.減額内容
   改修工事が完了した年の翌年度1年分に限り固定資産税が次のとおり減額されます。

   一戸あたり100m²分までの固定資産税が3分の1減額

 3.申告方法
  減額を受けようとする対象住宅の所有者は、次の書類を添えて、工事完了後3か月以内に税務課資産税担当まで申告してください。
   ・申告書(税務課資産税担当の窓口にございます。)
   ・領収書の写し
   ・工事明細書の写し(建築士、登録性能評価機関等による証明で代替可)
   ・改修箇所の図面・工事写真(改修前・改修後)
   ・住民票(世帯全員の記載されたもの)
   ・居住者の要件を示す書類(介護保険被保険者証、障害者手帳等の写し)
   ・その他補助金等の明細の写し
 ※住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置と住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置は、重複して適用できます。

 住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置

  平成20年1月1日以前に建築された住宅(賃貸住宅は除く。)については、居住の用に供する部分について次の要件を満たす省エネ改修工事を行った場合、その住宅の翌年度分の固定資産税額(120m²相当分まで)が減額されます。
 1.要件
 (1)居住部分の床面積の割合が2分の1以上であること。
 (2)平成20年4月1日から平成30年3月31日までの間に次のいずれかの省エネ改修が行われたものであること。
   ・窓の断熱改修(必ず行う必要あり)
   ・床の断熱改修
   ・天井・屋根の断熱改修
   ・壁の断熱改修
 (3)省エネ改修の工事費が一戸あたり50万円超であること。
 (4)改修後の住宅の床面積が50㎡以上であること。

 2.減額内容
   改修工事が完了した年の翌年度1年分に限り固定資産税が次のとおり減額されます。

   一戸あたり100m²分までの固定資産税が3分の1減額

 3.申告方法
  減額を受けようとする対象住宅の所有者は、次の書類を添えて、工事完了後3か月以内に税務課資産税担当まで申告してください。
   ・申告書(税務課資産税担当の窓口にございます。)
   ・領収書の写し
   ・工事明細書の写し(建築士、登録性能評価機関等による証明で代替可)
   ・改修箇所の図面・工事写真(改修前・改修後)
   ・建築士、指定確認検査機関又は登録住宅性能評価機関による証明書
 ※住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置と住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置は、重複して適用できます。

このページについてのお問い合わせ

[ 資産税担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8045 Fax:0766(74)4004 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。