本文

個人住民税(市民税及び県民税)均等割の税率の改正について

更新日:2017年7月21日このページを印刷する

 東日本大震災をふまえ、全国の地方公共団体が緊急に実施する防災に関する事業の財源を自主的に確保するため、国が定めた「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律(平成23年法律第118号)」に基づき、富山県においても平成26年度から10年間、個人住民税均等割が年額1,000円引き上げられます(氷見市を含む県内すべての市町村)。

 

 特例の期間 

 平成26年度から平成35年度までの10年間

 

 特例の内容

 市民税の均等割:現行の標準税率3,000円に、500円を加算した金額

  県民税の均等割:現行の標準税率1,500円に、500円を加算した金額

       改正前       改正後
  市民税    3,000円  3,500円
 県民税  1,500円  2,000円
 合計  4,500円  5,500円

 *県民税のうち500円は、平成19年度から導入された「水と緑の森づくり税」が含まれています(平成33年度まで)。

このページについてのお問い合わせ

[ 住民税担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8043 Fax:0766(74)4004 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。