本文

個人住民税の特別徴収の推進について

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

概要・内容 

氷見市は、従来から、県及び県内の各市町村と連携して、給与所得者に係る個人住民税の特別徴収の推進に取り組んでいます。

  平成29年度からは、県内市町村一斉に、個人住民税の特別徴収を実施していない事業者に対しても特別徴収義務者としての指定を行います。

 ※給与からの個人住民税の特別徴収制度について詳しくは こちら をご覧ください。

 取組みの目的・メリット

  次のことから、従業員(給与所得者)の納税の利便性向上が図られます。

  ・ 事業者(給与支払者)が従業員の個人住民税を納付するため、納付の手間が省け、かつ納め忘れを防ぐことができます。 

  ・ 納付回数が年4回(普通徴収)から年12回(特別徴収)となり、1回あたりの納付額が少なくなります。

 

 今後の取組み

  平成29年度の指定に向けて、富山県及び県内市町村は、今後も普及啓発用パンフレット等による事業者(給与支払者)等への特別徴収制度の周知や働きかけなどの取組みを進めます。

 <参考> 

 個人住民税の特別徴収制度…所得税の源泉徴収と同様に、事業者(給与支払者)の方が、個人住民税の納税義務者である従業員に代わって、毎月、従業員に支払う給与から
 個人住民税(市町村民税+県民税)を徴収(天引き)し、従業員の居住地の市町村に納めていた
 だく制度です。

 関連リンク

 添付ファイル

このページについてのお問い合わせ

[ 住民税担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8043 Fax:0766(74)4004 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。