本文

ことばの教室

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

 ことばの教室とは

ことばの教室入り口

市内に在住している就学前の幼児のための施設です。
 お子さんのことばやコミュニケーションについての相談を受けています。
 一人ひとりに応じた訓練や指導を行うことで、ことばの育ちを支援しています。

 ことばの育ちについて

ことばに関しては、早期発見・早期対応がとても大切です

 子どもは、明るくのびのびとした環境にあると驚くほどその良さを伸ばしていきます。
 その環境を整えるために、ことばを用いたコミュニケーションが大変重要になってきます。
 ことばの問題をそのままにしておくと、人と関ろうとしなくなったり、意思や要求がうまく伝わらなくて情緒不安定になったり、学習にも影響したり等、のびやかな成長を妨げる誘因になりかねません。
 ことばに問題がある場合は、早期発見し、一人ひとりに応じた訓練や指導を行って、子どもが持っている能力を十分に発揮できるよう支援していくことが大切です。

 

 通室について

対象となる子どもたち

  •  じっとしておらず、人の話をきかない子。(コミュニケーションが取れない)
  •  ことばの発達が遅い子。(話せることばが少ない・ことばがつながらない)
  •  ことばを出しにくい様子があったり、音を引き伸ばしたり繰り返したりする子。
  •  聴力に問題があり、うまく話せない子。
  •  正しい発音で話せない子。
  •  家など特定の場所では話すのに、それ以外の所では話さない子。

通室の方法

  1.  電話予約などにより、日時を決めて親子で来室していただき、相談をすることができます。(空室時間のみ)
  2.  来室された時に、次の希望日を予約して、不定期に経過観察指導を受けることができます。(経過観察)
  3.  週に一回決まった時間に通室して、指導や訓練を受けます。(毎週一回の訓練・指導)
  • 一回の指導時間は、1時間です。
  •  個別指導がほとんどですが、必要に応じてグループで指導する場合もあります。

  ※ 指導の効果を高めるとともに、通室の安全を図る為、保護者同伴を原則とします。
  ※ 2・3のご利用は、入室申請手続きが必要です。
  ※ 費用は、1・2・3ともすべて無料です。

 ことばの訓練や指導について

指導の内容

  •  お子さんの観察・保護者との相談・検査などを通して実態を把握し、指導計画を立てて 指導しています。
  •  親子での遊びを通して、コミュニケーションの基盤作りを強化しています。遊び方や日常生活の中での子どもへの関わり方など、実践を通して体験していただきます。
  •  ことばが表出する、ことば数を増やす、文章で話す、発音がはっきりするなどの訓練目標が達成されるような課題を、幼児が楽しんで身につけられるよう、いろいろな遊びの中に要素を取り入れて、はたらきかけています。
  •  毎年1回、市内の全保育園・幼稚園へ出向き、言語検査を行っています。

   検査の結果(聞こえ・構音・理解)は、経過観察または専門機関への紹介、来室して頂いて助言・相談を行うなど、ご家庭へ情報をお伝えしています。

ことばの教室 親の会

   ことばの教室に通室している子ども達の保護者が、協力したり情報交換しあって、子ども達のよりよい環境づくりを目的として活動しています。

 

 心配な事は一人で悩まず、まず相談!

   子どもの笑顔!両親・家族の笑顔!が、私たちの願いです。
   笑顔で一杯の氷見市になるように、「ことば」「子育て」を応援します。

このページについてのお問い合わせ

[ 保育サービス担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8116 Fax:0766(30)2913 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。