本文

氷見市不育症治療費助成事業

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

概要・内容

不育症(ふいくしょう)は、妊娠しても2回以上流産や死産を繰り返してしまう場合をいいます。適切な検査と治療によって出産に至ることがわかってきました。氷見市では、不育症の検査と治療費用の一部を助成し、不育症の悩みをもつご夫婦に経済的な支援を行います。

支給内容

婦人科医や生殖医療専門医の医療機関で受けた不育症の検査や治療費用で、ご本人が負担された分を一年度あたり30万円を上限として助成します。(年度とは4月から翌年3月までの期間をいいます)

・医療保険適用、適用外に関わらず、不育症の検査・治療にかかった費用

・食事療養費、文書料、差額ベッド代など検査や治療に直接必要ない費用は除く

・医療保険、健康保険など社会保険負担分は除く

・被験者協力金、その他助成金がある場合(未申請でも要件に該当する場合も含む)、その金額を除く

対象者

以下の条件を全て満たしているご夫婦

(1)    産婦人科医や生殖医療専門医による不育症の検査や治療を受けていること

(2)    法律上の婚姻をしている夫婦

(3)    夫婦の両方またはいずれか一方が氷見市に住所を有すること

(4)    対象者及び同一世帯全員が市税を滞納していないこと

(5)    健康保険に加入していること

申請方法

検査及び治療費は医療機関等の窓口で一旦支払ってください。

氷見市不育症治療費助成交付申請書に必要書類を添付し、健康課(いきいき元気館内)に提出してください。内容を審査の上、助成額を決定し、交付決定通知書を送付します。その後、申請された方の金融機関に助成金を振り込みます。

申請期日

治療が終了した日が属する年度の末日(毎年4月1日から3月31日)

 

必要書類

(1)    氷見市不育症治療費助成交付申請書 [PDFファイル/130.17キロバイト]

(2)    氷見市不育症治療医療機関受診等証明書 [PDFファイル/107.16キロバイト]

(3)    医療機関、院外処方薬局の発行する領収書及び診療明細書(原本)

(4)    検査や治療を受けた方の健康保険証(写し)

(5)    戸籍謄本(夫婦別世帯の場合)

添付ファイル

 「氷見市不育症治療費の助成を希望される方へ」リーフレット [PDFファイル/167.73キロバイト]

関連リンク

このページについてのお問い合わせ

[ 母子保健担当 ]
〒935-0011 富山県氷見市中央町12番21号いきいき元気館内  Tel:0766(74)8062 Fax:0766(74)8257 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。