本文

クリーンセンター

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

施設について

 し尿、浄化槽汚泥の処理施設

 

概要

(1)前処理

  し尿に含まれている夾雑物を取り除きます。除去した夾雑物は脱水して焼却炉へ送ります。

(2)一次処理

  バクテリアや原生動物による微生物の浄化作用を利用して、し尿を分解処理します。

(3)二次処理

  薬液を添加して凝集、沈殿させることにより、懸濁物質やりんを除去します。

(4)高度処理

  砂と活性炭のろ過層を通すことにより微細な汚れや色素を除去し、きれいな処理水にします。

(5)消毒処理

  残留するバクテリア等を塩素で滅菌します。

(6)汚泥処理

  一次・二次処理工程で除去した汚濁物質を、脱水機で水分の少ない汚泥にします。

(7)焼却処理

  前処理工程からの夾雑物と汚泥処理工程からの脱水汚泥を、焼却炉で焼却し、灰として取り出します。

(8)脱臭処理

  各工程で発生する臭気を、薬液で洗浄し、臭気成分を吸収、分解除去します。 

 

し尿くみとり・浄化槽汚泥の処理について

  「し尿くみ取り・浄化槽汚泥の処理について」別ウィンドウで開きます  をご確認のうえ事前にお問い合わせください。

住所

〒935-0113
氷見市惣領2545
Tel:0766-91-2109

このページについてのお問い合わせ

[ リサイクル推進担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8065 Fax:0766(74)8104 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。