本文

プラスチック製容器包装ごみに異物を入れないで!

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

 プラスチック製容器包装ごみに異物を入れないでください

緑色の袋で出していただいている「プラスチック製容器包装ごみ」に、食べ物などの汚れや、異物の混入が目立ちます。汚れたものや異物が入っているとリサイクルができないので、せっかく皆さんに分別していただいた“資源”が、全部ごみになってしまいます。

 

異物混入例と正しい出し方

〇医療用キャップ付き注射針 → 医療機関へ返却

〇医療用透明チューブ → 燃やせるごみ

〇使用済み割り箸 → 燃やせるごみ

〇汚れの取れない発泡スチロール → 燃やせるごみ

 

プラ製容器包装ごみは、識別マークを確認して、次のことに注意して出して下さい

食べ物などの汚れは、軽く水ですすいで、水気を切って出して下さい。

プラ

カップなどは、一見プラスチックに見えますが、紙製のものが出てきていますので、

識別マークを確認して下さい。

*詳しいごみの出し方は「家庭ごみの分け方と出し方」で確認してください。

異物が混入しているごみは、収集しません。

 

 

このページについてのお問い合わせ

[ リサイクル推進担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8065 Fax:0766(74)8104 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。