本文

きれいな環境を守るため、ごみの屋外焼却や不法投棄はやめましょう

更新日:2017年5月16日このページを印刷する

ごみの屋外焼却はやめましょう

  ごみ[布や紙、樹脂類、木材(伐採木および剪定枝を含む)、油脂類など]を屋外焼却すると煙や悪臭などにより近隣住民の迷惑となり、また有害なダイオキシン類の発生原因となることから、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により原則禁止されています。違反すると5年以下の懲役、もしくは1000万円(法人にあっては3億円)以下の罰金、またはその併科に処せられる場合もあります。

 「いつも屋外焼却をしているけど何も言われたことがない」「周囲の人も屋外焼却しているから」などの理由で安易にごみを屋外で焼却するのは、やめましょう。

 

野焼き 禁止

 

 不法投棄はやめましょう

 不法投棄は地域の景観や自然環境を破壊するだけでなく、近年は道路脇へポイ捨てされた生活ごみを求めて、イノシシや熊などの有害鳥獣が出没するという危険な事例も発生しています。

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」では、タイヤや建設廃材などの不法投棄のほか、生活ごみの不法投棄にも5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金、または併科に処せられる場合があります。住みよい環境づくりのためにも、不法投棄は絶対にしないでください。

 市では、不法投棄が頻繁に繰り返される場所には、啓発看板とともに移動式の監視カメラを設置しています。

 

不法投棄 違反

 

このページについてのお問い合わせ

[ 環境保全担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8065 Fax:0766(74)8104 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。