本文

在宅重度障害者住宅改善

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

 在宅の重度障害者の日常生活を容易なものにするため、既存住宅の改善に対し、その費用の一部を補助しています。

 改善内容 居室、浴室、洗面所、便所、玄関、廊下等で段差解消や手すりの設置、床材の変更、扉の引き戸への取替え、和式便所から洋式便所への取替え等
(新築・増築は除きます。また部屋の用途が変更となるものも該当となりません。)
 対 象 者

○ 身体障害者手帳が1級又は2級で、視覚障害者若しくは肢体不自由の方

○ 内部障害を有し、車いすの交付を受けている方

○ 療育手帳Aの方

○ 世帯の所得税が287,500円以下であること。

 補助金額

○ 所得税非課税世帯の場合、90万円まで

○ 所得税課税世帯の場合

  (1)対象事業費90万円までは、その2/3

  (2)対象事業費90万円以上は60万円 

 なお、介護保険または日常生活用具による住宅改修費(上限20万円)の給付がある場合は、その額を補助金額から差し引いた額となります。

 備  考 所得税が287,500円以下とは、補装具の認定方法によるD11 階層以下の世帯

 申込について

 (1) 在宅重度障害者住宅改善事業補助金交付申請書(印鑑必要)

 (2) 見積書及び見取図(工事前及び工事後の平面図)

 (3) 身体障害者手帳または療育手帳

 ※ (1)については、市役所福祉介護課に用意してあります。

 なお、完成後は完了報告書、対象工事費の領収書、工事着工前及び工事完成後の写真などの提出が必要です。事前に対象工事となるかを市役所福祉介護課へご相談ください。

このページについてのお問い合わせ

[ 障害支援担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8113 Fax:0766(74)8060 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。