本文

自立支援医療

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

 更生医療(身体障害者)

更生医療は身体障害者の更生に必要な医療であって、その障害を除去し若しくは軽減して職業能力を増進し、又は日常生活を容易にするための医療です。 その給付については、身体障害者更生相談所の判定を求めることになっています。

 更生医療の給付対象(例)

 障害の部位   対象となる医療
 視覚障害  角膜移植、水晶体摘出術など
 聴覚障害  外耳形成術、穿孔閉鎖術など
 言語障害  形成術など
 肢体不自由  理学療法、作業療法、人工関節置換術、関節形成など
 心臓機能障害  ペースメーカー植え込み術、冠動脈バイパス術など
 腎臓機能障害  人工透析療法、腎移植術、腎臓移植後の抗免疫療法など
 小腸機能障害  中心静脈栄養法など
 ヒト免疫不全ウイルス
による免疫機能障害
 抗HIV療法、免疫調節療法など

 ※平成22年4月から上記に、肝臓機能障害の肝臓移植後の抗免疫療法が加わりました。  

 

 精神通院医療(精神障害者)

精神科の通院治療に要する医療費が助成されます。 なお、受給者証は富山県より交付されます。

 育成医療

18歳未満の方で、障害部位に対する手術等により確実な治療効果が期待できる場合、その手術等に要する医療費を助成します。

 申込みについて

 (1)自立支援医療支給申請書(要印鑑)

 (2)自立支援医療診断書、意見書

 (3)「重度かつ継続」に係る意見書(該当者のみ)

 (4)健康保険証(本人と同一保険に加入している世帯員全員のもの)

 (5)上記世帯員全員の市民税課税(非課税)証明

 (6)本人の年金等も含めた所得のわかるもの(市民税非課税世帯の場合のみ)

 (7)同意書

 (8)身体障害者手帳(持っている方のみ)

 (9)特定疾病療養受療証(腎臓機能障害に対する人工透析療法の場合)

 (10)自立支援医療受給者証(持っている方のみ)

 

 ※(1),(2),(3),(7)については、市役所福祉介護課に用意してあります。精神通院医療の場合、(1),(2),(3)は精神科医療機関に用意していることがあります。

 負担割合、上限額

いずれも自己負担は1割の定率負担ですが、低所得世帯の方や継続的に相当額の医療費負担が生じる方(いわゆる「重度かつ継続」の方)には、ひと月あたりの負担に上限額(2,500円~20,000円)が設けられています。

このページについてのお問い合わせ

[ 障害支援担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8113 Fax:0766(74)8060 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。